Fandom


機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ > マフティー・ナビーユ・エリン > Ξガンダム

Ξガンダム(クスィーガンダム)は、富野由悠季小説作品『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する、架空の兵器

本項目では、関連機ペーネロペーに関しても記述する。 テンプレート:ネタバレ

Ξガンダム 編集

テンプレート:機動兵器 宇宙世紀0105年、反地球連邦政府組織である秘密結社 "マフティー"がアナハイム・エレクトロニクス社に極秘裏に発注した、第五世代MS。

本機のΞ(クスィー)という名称は、かつてのニュータイプ戦士アムロ・レイが最後に搭乗したとされる機体νガンダムの意思を継ぐという意味で与えられたという。

機体性能そのものは極めて高く、頭部サイコミュブロックの搭載により、搭乗者の脳波を拡大する。

RX-104FF ペーネロペーと兄弟機で、ミノフスキークラフトを搭載した事で、サブフライトシステムを用いずに、大気圏内での単独飛行を可能とした。

完璧なビーム・バリアーの搭載により、防御と高速飛行が行える革命的な機体となっている。

サイコミュ、防御が可能なバリアー、大出力メガ粒子砲を搭載した機体コンセプトは、ΖΖガンダムνガンダムといった、小説『閃光のハサウェイ』以前の歴代ガンダム作品の主役機のの優れた点を継承している。

宇宙世紀0105年時において、単独で大気圏内飛行が可能なMSは本機とペーネロペーのみであり、少数の戦力しか保有しないマフティーが地球連邦軍と渡り合うことができたのは、本機の絶大な戦闘力による処が大きいといえるだろう。

武装
ビームライフル
旧来品の倍近くの初速を誇る。
肩部メガ粒子砲
肩部(肩の三角のアーマーの胴体側に近い所の出っ張った部分)にZZガンダム頭部ハイメガキャノンの様な大出力のメガ粒子砲を両肩合わせて2基搭載している。
原作小説には存在しない武装。
ビームサーベル
基部にマウントされた状態でも稼動可能であり、手に持たずとも敵機を両断することが出来る。
ミサイルランチャー
機体各所には多数のミサイル・ランチャーが設置されており、爆撃能力も有する。
ファンネルミサイル
当時最先端のサイコミュ兵装であるファンネルミサイルを搭載しており、実弾兵器の思念操作が可能である。
ビーム・バリアー
  1. 機体各部にビーム・バリアーの機能がある。原作小説中巻では、ミサイル攻撃を防御出来る事を示唆されている。最終決戦では、ビーム・バリアーの威力を軽減させて、パイロットの命を救っている。
  2. ラー・カイラムを含めた三隻の艦艇が厚く展張させたビーム・バリアーにより、大気圏突入の熱を防御して、地球へ降下している事から、このバリアーにも同様の能力があると思われる。
  3. 高速飛行時にはこのバリアー(進行方向に波形を変えたビーム)を機体前面に展開し大気の干渉を減散させ、大気圏内を高速で飛行する事が可能になる(一部ゲームでは簡易的な飛行形態に変形する)。この状態でのΞガンダムの姿は空中であたかも機体全体が発光するかのような様相となり、マッハ2を超える速度での航行が可能。


劇中での活躍 編集

アナハイムでのトライアル後、カーゴ・ピサに格納された状態で月面から地球へと移送される。宇宙世紀0105年4月21日に搭乗者である「マフティー」がインドネシア・ハルマヘラ島沖にて空中受領、直後に追撃してきたペーネロペーと交戦、これを退ける。その後エアーズロック攻防戦や連邦軍基地襲撃等、秘密結社マフティーの象徴として多大な戦果を挙げる。しかし、同組織の台所事情からか、時には使役作業に運用される場面もみられた。そして同年4月26日、マフティーはオーストラリア・アデレートにて行われる連邦中央閣僚会議の粉砕を宣言、法案の破棄を要求し会場を襲撃する。その際、Ξガンダムは因縁のペーネロペーと再び交戦、互いの兵装を駆使した熾烈な戦闘を展開する。やがてΞガンダムはペーネロペーを追い詰めるものの、会場周辺に設置されたビーム・バリアーによって機体は擱座。機体は、ペーネロペーにより各部を溶解させられ攻撃と飛行能力を奪われ、パイロットは病院へ搬送された。空港で鎮座させられた本機の姿はまるで十字架を背負わされたような痛々しいものだった。

デザイン 編集

メカニックデザイン森木靖泰。型式番号等の設定は当時から存在した。デザイン上のポイントは、胸部中央に頭部V字アンテナと同様のV字アンテナが存在することである。

のちに『閃光のハサウェイ』がゲーム『SDガンダムGGENERATION-F』に登場することとなり、同小説に登場する全てのメカニックデザインが一新され、より立体映えするシルエットへとリニューアルされた。リデザインは森木がΞガンダムとペーネロペーを、藤田一己メッサーグスタフ・カールを担当している。この画稿は、ホビージャパン発行の書籍『GUNDAM WEAPONS "ニュージェネレーション"編』に収載されている。

2005年にフィギュア『GUNDAM FIX FIGURATION』の第25弾としてオデュッセウスガンダム・ペーネロペーとのコンパチブルモデルとしてカトキハジメによってリファインされ、初の商品化がなされている。


オデュッセウスガンダム 編集

小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する、地球連邦軍の試作MSで、名称の設定の初出は「ANAHEIM ELECTRONICS GUNDAM HISTORY 2002 CALENDAR」。 テンプレート:機動兵器 アナハイム製ガンダム20周年を記念として開発されたMSである。完成した機体は地球連邦軍に納品され、キルケー部隊のレーン・エイムの乗機となった。

劇中ではペーネロペーとしか呼称されずガンダムである設定は無かった。後にガンダムタイプのMSにオプションである「フライトユニット (Flight Unit)」を装備した状態の呼称と設定され、ユニットを装着していない素体としてオデュッセウスガンダムが発表された。

本機は単独での空戦が可能で、両腕部にビームサーベル兼メガ粒子砲を装備している。

オプション装備はフライトユニット以外にも、複数が検討されており、ビット兵器が搭載された「アルゴスユニット (Argos Unit)」が開発中であったとされるが、こちらは文章による解説に留まっている。

なお、名前はそれぞれギリシア神話に由来し、オデュッセウスは英雄オデュッセウス、ペーネロペーはその妻ペネロペ、アルゴスは魔神アルゴスによる。

ペーネロペー 編集

オデュッセウスガンダムがフライトユニットを装備した際の名称。型式番号のFFはフライトユニットを装着した形態 (Fixed Flight) タイプを意味する。全身に取り付けられたフライトユニットにより、デザインは他のMSとは一線を画する。このユニットには、実弾型サイコミュ兵器「ファンネルミサイル」を肩部ファンネルミサイルポッドに装備している。

Ξガンダムと違い、ビーム・バリアーの空気抵抗を拡散させる機能は未完成である。そのため、超音速飛行時はフライトフォームへと変形する必要がある。

ペーネロペーにはフライトフォーム(高速機動形態)への変形が存在する。フライトフォームでは胴体と頭の上にある機首がくっついて顔が隠れ、空気抵抗を減らす形となる。そのため、全体のシルエットは飛龍のように見える。フライトユニット自体もオデュッセウスガンダムから取り外して飛行形態をとらせることができる。

劇中での活躍
主役機であるΞガンダムのライバル機体として、キルケー部隊のレーン・エイムが搭乗し、Ξガンダムと死闘を繰り広げた。
デザイン
リファインされたペーネロペーのデザインでは、脛前側アーマーが取り付けられていないデザインに変更されている。


参考文献 編集

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。