FANDOM


ガンダムシリーズとは矢立肇富野由悠季を原作とし、『機動戦士ガンダム』及びそれに続き制作された「ガンダム」を題名に付する、アニメを主とした娯楽作品群を指す。 テンプレート:ネタバレ

シリーズ展開 編集

ガンダムシリーズは『機動戦士ガンダム』の直接的な続編のみならず、世界観を流用した多くの派生作品が断続的に発表され続けている。展開されたメディアは、テレビアニメのほか、映画OVA漫画小説コンピューターゲームなど幅広い。シリーズ内の各作品に関するタイトルや発表年等に関しては、ガンダムシリーズ一覧を参照。

機動戦士ガンダム』は当初1年区切りで放映されるロボットアニメのひとつとして制作・放映を開始した。子供向けの放送枠にもかかわらずリアリズムを追求した結果、視聴率や関連玩具の売り上げは振るわず、予定より少ない放送話数で終了した。しかし、放送終了後、口コミによる人気がじりじりと上昇。再放送を経て、放送されたストーリーを3本の映画にまとめた劇場版が公開。人気は一気に爆発した。

ガンダムのプラモデル、通称「ガンプラ」の人気に伴い発売元のバンダイから続編の要望が出され、これを受けてサンライズは『機動戦士ガンダム』の続編である『機動戦士Ζガンダム』を製作、放映した。小説・ゲームなどの多メディア展開も開始され、ガンダムは一大産業となった。富野の手によってさらに続編『機動戦士ガンダムΖΖ』が制作された。

1994年からは、『機動武闘伝Gガンダム』に始まる、富野以外の監督によるいわゆるアナザーガンダムシリーズが制作された。また、『機動戦士ガンダム』のサイドストーリーとなる作品も富野の手を離れOVAで展開されている。

古今のロボットアニメが番外対決するゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』では、ガンダムシリーズに登場するモビルスーツやキャラクターが中心的な役割を果たしている。

世界観とプロット 編集

ガンダムシリーズは舞台となる世界(時間軸)によっていくつかの系統に分けられる。基本的には人型ロボット兵器「モビルスーツ」が活躍する戦争を描いたものであり、モビルスーツは数多く登場する兵器の一つとして扱われた。このようなロボット像は比較的高年齢層の支持を集め、以後のロボットアニメに多大な影響を与えた。

悪の組織や侵略者とヒーローが戦う勧善懲悪の物語ではなく、人類同士の戦争を描いた物語である(ただし、劇場版『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』は例外)。多くは、主人公を含む子供たちが戦闘に巻き込まれ、モビルスーツに乗り込んで戦うことを余儀なくされる物語であり、これにより主人公は軍隊に属することになる。敵側は単純なやられ役の悪玉ではなく、敵軍あるいは敵勢力の人間であり、主人公と同様に戦闘に巻き込まれた子供の場合もある。コロニー落としなどの大量殺戮を行なう場合もあるが、それらは戦争の過程として描かれ、主人公が属する側の非道な行為が描かれることも少なくない。

人類がスペースコロニーに移住した時代で、地球圏は巨大な統一政権によって統治されているが、平和は容易には保たれず様々な武装勢力が出現し、抗争が繰り返される。多くの場合軍隊が登場し、モビルスーツを持つ軍としての戦闘や、軍の規律なども描かれる。ガンダムシリーズで描かれる宇宙は主に軌道以内であり、遠くても木星程度までである。

SDガンダム 編集

テンプレート:未検証 シリアスな戦記ものとしてのガンダムが人気を誇る中で、登場モビルスーツをコミカルな二等身で描いたキャラクターシリーズ、およびそのストーリーも小学生を中心に手堅い人気があり、映画が『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』と同時公開され、その後もプラモ、ガシャポン、カードダス、TVゲームなどで積極的に展開が続いたこともあり、一時期は本家を凌ぐほどの人気があった。

SDガンダムの登場キャラクターやストーリーは、基本的にはガンダムシリーズとはまったく別個のものと扱われるのが通常である。だが『スーパーロボット大戦』などのゲームではガンダムシリーズのストーリーをSD描写されたモビルスーツで演出しているなど、混同しやすくなっている。 SD描写の採用に関しては、ゲーム機画面のドット数から来る狭さや、版権使用料が1作品分で済むという事情から来る。

放送局について 編集

TVシリーズは『機動戦士ガンダム』から『機動新世紀ガンダムX』までのガンダムシリーズはテレビ朝日系列(ANN)で放送。この期間のうち『機動戦士ガンダムΖΖ』までがANN系列局である名古屋テレビの制作、『機動戦士Vガンダム』以降は系列キー局であるテレビ朝日の制作だった。

以降のTVシリーズは『∀ガンダム』がフジテレビ系列(FNS)で放送され、『機動戦士ガンダムSEED』・『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』と『機動戦士ガンダム00』はTBS系列(JNN)の毎日放送が制作していた。

ガンバレ!SDガンダム大行進』・『SDガンダムフォース』・『SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors』はテレビ東京系列(TXN)で放送され、また特番として『G-SAVIOUR』がテレビ朝日系列で放送された。

社会的アニメとして捉えられているガンダムシリーズだが、ネット局やローカル局の関係から全国区でテレビ放送されたことはなかった。受信できない地域では放送後に発売されたレンタルビデオで借りて見ることしかできなかったが、近年はCS放送における専門チャンネルやインターネットブロードバンド)の普及で全国どこでも見られるようになった。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ar:جاندام

cs:Gundam de:Gundam en:Gundam es:Gundam fa:گاندم fi:Gundam fr:Gundam テンプレート:Link FA he:גנדאם it:Gundam ko:기동전사 건담 시리즈 ms:Gundam nl:Gundam nn:Gundam pl:Gundam (seria) pt:Gundam (série) ro:Gundam ru:Gundam simple:Gundam th:กันดั้ม tl:Gundam uk:Gundam vi:Gundam zh:GUNDAM系列作品

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。