サンライズ Wiki
Advertisement

ガンダムジェミナス(Gundam Geminass)は、テレビアニメ新機動戦記ガンダムW』の外伝作品『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』に登場する架空の兵器

資源衛星「MO-V」で開発された試作型ガンダムタイプMS(モビルスーツ)。後にOZ(オズ)プライズによって衛星ごと接収される。機体名の「ジェミナス」は黄道十二星座の1つ双子座に由来する。

メカニックデザインは阿久津潤一(ビークラフト)が担当。本項では、作中に登場する各発展機についても併せて記述する。 テンプレート:ネタバレ

機体解説[]

テンプレート:機動兵器

主動力炉とコクピットを内包する胴体をコアとして、「G-UNIT」と呼ばれる共通規格のオプションパーツを換装することで、あらゆる戦場に適応可能な究極の汎用機を目指し開発された機体。機体設計はMO-V所属の科学者マーク・バーネットとドクター・ペルゲが共同で行った。

パイロットの脳波(主に反射を司る部分)を解析し機体制御に反映する操縦支援システム「PXシステム」を搭載し、従来機にはない反応速度を得ている。ただし、システムの完全稼働には個々のパイロットに合わせた事前の調整が不可欠であり、限度を超えて使用すると機動限界による機体の損壊や、パイロットの精神崩壊を引き起こす危険性がある。この理由から、普段はリミッターを掛けた状態で運用されるが、緊急時にはパイロットの任意で解除することも可能。このリミッター解除状態は「オーバードライブモード」と呼ばれる。

ガンダムジェミナス01[]

「G-UNIT」シリーズ1号機。メインパイロットはアディン・バーネット。MO-VがOZに接収された際に型式番号がX-GU01AからOZX-GU01Aに変更された。後にシルヴァ・クラウンの駆るガンダムアスクレプオスとの戦いで損傷し、L.O.ブースター仕様に強化される。

ガンダムL.O.ブースター[]

テンプレート:機動兵器

「G-UNIT」システムに「Liner Offence-Booster」を装備した高機動形態。パイロットは引き続きアディンが務めるが、彼が「ガンダムグリープ」に乗り換えて以降は、MO-Vに身を寄せたロッシェ・ナトゥーノの搭乗機となる。

各部が軽量化されており、携行火器もより軽量で取り回しに優れたアクセラレートサブマシンガンに変更された。追加ブースターには高出力のスラストビームキャノンが装備され、総合火力にも秀でている。背部スラスターを折りたたむ事で簡易的な高速飛行形態に変形する。

ガンダムジェミナス02[]

「G-UNIT」シリーズの2号機。メインパイロットはアディンの兄であるオデル・バーネット。1号機と同じく、OZに接収された際に型式番号がX-GU02AからOZX-GU02Aに変更された。主に資源衛星内で試験運用されていた1号機と異なり、宇宙空間での運用を目的としており、機密保持のため低視認性の塗装が施されている。後にOZプライズとの戦いで破損し、OZプライズによってガンダムアスクレプオスに強化される。

☀ガンダムジェミナス03

『新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト』に登場。「G-UNIT」シリーズの3号機

☀ガンダムジェミナス04

『新機動戦記ガンダムW G-UNIT オペレーション・ガリアレスト』に登場。「G-UNIT」シリーズの4号機

ガンダムアスクレプオス[]

テンプレート:機動兵器

「G-UNIT」用として新開発されていたパーツを組み合わせ完成された格闘戦形態。

テレビ本編でのOZ製MSは黄道十二星座から名前がとられていたが、本機は十三星座占いへびつかい座の由来、医神アスクレピオスから名前が付けられている。

当初のパイロットはロッシェが務めていたが、後にMO-VからOZプライズに鞍替えしたDr.ペルゲが連れて来たシルヴァ・クラウンの搭乗機となる。

パーツ換装で各戦場に対応する改修前とは異なり、大型のバックパックを頭部に被り、両肩部のパーツを接近戦用のクローとして両腕部に装備させる「接近戦モード」に変形することで作戦に対応する。接近戦モードのシルエットは『機動戦士ガンダム』に登場したジオン軍の水陸両用MS(巻末のおまけ4コマ漫画でもネタにされている)に似た形状となっている。

ただし改修前の換装機構は健在であり、シルヴァがOZプライズを脱出しMO-Vに帰還しようとした際、ハイドラガンダムによって破壊された頭部を、改修前のパーツを流用して修復したり、最終決戦においてはジェミナス純正のビームライフルとシールドを装備して出撃している。

なお、『∀ガンダム』のコミックボンボン連載マンガ版では発掘機械人形として登場。コレン・ナンダーの搭乗機として、TV版における彼の赤いカプルの代わりに使用されている。なお、このマンガ版は『デュアルストーリー G-UNIT』同様ときた洸一が執筆している。足の形が少し違い、また非変形のMSであるため厳密にはガンダムではない。

ガンダムバーンレプオス[]

Dr.ペルゲがアスクレプオスの強化発展型として開発した機体。スターダストナイツのクラーツ・シェルビィが搭乗する。(型式番号:OZ-10VMSX-2)

実質的なジェミナス3号機であり、当初より改造機として製造されている。基本的なシルエットはアスクレプオスと同じであるが、クローアームの形状が異なり、変形後の形態はハイゴッグに近いイメージへと変化している。大型のソードを装備しているのが特徴。ロッシェ・ナトゥーノの駆るガンダムL.O.ブースターを圧倒的な力で追い詰めるが、搭載されていたPXシステムにリミッターが存在しなかったため、オーバードライブに機体が耐えられず自己崩壊する。

関連項目[]

en:List of Mobile Suit Gundam Wing mobile weapons#Gundams in G-Unit

Advertisement