FANDOM


テンプレート:告知 ガンダムタイプ (GUNDAM Type) は、アニメ作品群「ガンダムシリーズ」に登場する、架空の兵器の分類の一つ。モビルスーツ(あるいはモビルアーマー)のうち、シリーズ第1作『機動戦士ガンダム』に登場したRX-78-2 ガンダムをモチーフとした機種を指す。

注:本項では解説の都合のため、一部のモビルスーツの名称と型式番号を併記する。

概要 編集

「ガンダムシリーズ」には、RX-78-2 ガンダムをモチーフとした主役モビルスーツがほとんどの作品に登場する。これらは「ガンダムタイプ」と総称されることがある。

「ガンダム」の名を冠するモビルスーツは主に以下の特徴を持つ。

  • その時代で最先端あるいは最高レベルの性能を持つ。
  • 試作機・先行量産機・エースパイロット専用機など、一品物である(陸戦型ガンダムは例外)。
  • 特有の頭部デザインを持つ。主なところでは双眼式サブカメラ・額のV字型ブレードアンテナや顎部分の四角いデザインなどが挙げられるが、機体によってはこれが変わる事もある。最も極端な例はブレードアンテナの代わりに「ひげ」を付けた∀ガンダムであるが、それ以外にも俗に「ゼータ顔」と呼ばれる独特のデザインの頭部を持つΖガンダム、アンテナ基部にビーム兵器を搭載したΖΖガンダムや、応急修理でジムの頭部を付けた陸戦型ガンダム、現地改修でブレードアンテナを廃したガンダムEz8のような例もある。
  • 物語の終わり(戦争の終わり)には、ほとんどの機体が撃破もしくは主人公自身の手で破壊される。

ただしガンダムタイプの流れを汲む機体の中でも、「ガンダム」の名を含まないものもある。ガンダム開発計画の中で開発されながら素性を隠すためにデザインまでも変更されたガーベラ・テトラガンダム試作4号機)や、Ζガンダム開発の過程で制作された百式(δガンダム)などの例がある。リック・ディアスは当初「ガンダリウムγ」をモビルスーツで初めて主素材として使用したことから「γガンダム」と呼ばれる予定だったが、この素材を使用した以外にガンダムとの共通点は希薄であることから(開発者にジオン系の人間がおり、ガンダムタイプにしなかったという説がある。なお、ゲーム『エンブレム・オブ・ガンダム』ではドムの流派も汲んでいるらしい)、クワトロ・バジーナの発案で改名されている。また、ダブルオーライザーダブルオーガンダムオーライザーが合体したものだが、ガンダムを超えた存在という意味を込めて名称にガンダムの名を含んでいない。 また、これらとは逆に、Bガンダム水中型ガンダムガンダムTR-1のように、「ガンダム」の名を持つガンダムタイプでない機体も数種類存在する。これらはすべて、ガンダムタイプでない機体の顔をガンダムに似せたものである。特に元がボールであるBガンダムにいたっては、ガンダムタイプ以前にモビルスーツかどうかすら怪しい。 一方で、Dガンダムはガンダムの意匠を模した外観であることから「ガンダム」の名がついているが、ガンダムタイプではない。

なお、「ガンダムタイプ」という用語は『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』で初めて登場した。

ガンダムのデザイン 編集

『機動戦士ガンダム』の企画が確立するまでには、主役メカのためにさまざまなデザインが検討されており、例えばパワードスーツとしてデザインされた最初期の案は後にガンキャノンとして採用されている。ガンダムのデザインが確定する前の段階では、ガンダムに人間のものに似た「口」がデザインされていたこともある。[1]ちなみにこの後に作られた『宇宙戦士バルディオス』『戦国魔神ゴーショーグン』の口はガンダムに良く似た形をしている。

RX-78-2 ガンダムのデザインは、ヒーロー然としたスーパーロボットのものから兵器然としたリアルロボットへの橋渡し役にあたるものであるといえる。例えば人間の目に似たデュアルセンサーあるいはサブカメラは、『鉄人28号』以来の主役ロボットの影響を受けている。『無敵超人ザンボット3』『無敵鋼人ダイターン3』の流れを汲むの前立物(鍬形)をモティーフとした角状のアンテナもスーパーロボットには必須のものである。一方で白を基調に青・赤・黄の色の三原色をアクセントとして配したカラーデザインは、より兵器らしさを求め白一色のカラーデザインを検討していた『機動戦士ガンダム』のスタッフと、ロボットアニメらしいカラーデザイン(ガンダム以前のロボットの色は赤・青・黄主体で構成されたことから「ロボット三原色」とも呼ばれた)を求めたスポンサー(おもちゃ会社など)の要求とのせめぎ合いの中で生み出されたものである。結果として、このカラーリングは後のロボットアニメに大きな影響を与え、とりわけ主人公ロボットの定番カラーとなる。

『機動戦士ガンダム』は映画版やプラモデル(ガンプラ)で結果的に大成功を収めた。しかしそれは、「リアル」ロボットの先鋭化へとつながり、一時期「二つ目・角付き」のヒロイックなデザインは「リアルでないもの」とされ、リアルロボットアニメ、そして特撮作品「戦隊」シリーズからすらも姿を消してしまう。「二つ目」が復活したのは1984年の『重戦機エルガイム』後半の主役エルガイムMK-IIからである[2]

「ガンダムシリーズ」にあって、後に述べるような宇宙世紀を舞台とした作品群における「ガンダム」の名を冠した機体は、「伝説の名機ガンダムをモチーフにした」ということに特に不自然さはない。しかしそれ以降に作られた、宇宙世紀以外の世界観を舞台とする作品群にあっても全く同様に「ガンダム」という呼称を持つ「二つ目・角付き・白基調で三原色はアクセント」の「モビルスーツ」が登場するのは不自然といえば不自然ではある。これ自体はメインスポンサーとして「ガンダム」という人気キャラクターを展開したいバンダイの意向によるところが大きいのだが、「それらも正当なガンダムか否か」という議論については初期のガンダムシリーズを手がけた富野由悠季自ら『∀ガンダム』でこれらを全て「黒歴史」という形で収斂させ、肯定している。

富野は原作者として関わった漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の登場人物に「目が二つ付いててアンテナが生えていればマスコミがガンダムにしてしまう」と言わせている。

各作品シリーズにおけるガンダム 編集

作品によっては「ガンダム」を称するモビルスーツに特別な意味づけがなされている場合がある。また、 "GUNDAM" という語をなんらかの頭字語(アクロニム)として設定する場合もある。

『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズにおけるガンダム 編集

機動戦士ガンダム』をはじめとする作品の舞台である宇宙世紀においては、ガンダムは特に優れた試作モビルスーツの象徴として扱われている。特に地球連邦軍の技術の象徴、さらには連邦軍そのものの象徴でもあったこともあり、例えばティターンズガンダムMk-IIを自らを正当化するための手段としても用いた。以降もΖガンダムやガンダムF91などのエポックメーキングなモビルスーツが、RX-78-2 ガンダムに似た外見と名称を受け継いでいる。なおガンダムが地球連邦軍の象徴だった事は宇宙世紀130年以降(『機動戦士Vガンダム』)では忘れ去られたようで、ガンダムは抵抗のシンボルだと言われるようになった。政治的な理由から、サナリィ製のF90をガンダムと呼ぶのにアナハイム・エレクトロニクス社幹部が難色を示したり、ザンスカール帝国ヴィクトリーガンダムをガンダムと呼ばずにヴィクトリータイプと呼ぶように指示していたりする。

なお、宇宙世紀における地球連邦製のガンダムは、"General purpose Utility Non-Discontinuity Augmentation Maneuvering weapon system" (全領域汎用連続増強機動兵器)の略であり[3]GUNDAM systemというマーキングが記されているとされる。ただし、この頭字語は一年戦争期からあるものではなく、後から作られたものであるとされているが、いつ頃から使われるようになったかは諸説ある。

元々、この設定はあさのまさひこによって作られ、大日本絵画発行の書籍『GUNDAM WARS I PROJECT Ζ』から『ガンダム・センチネル』に至る過程で発展したものであるが、この時点ではガンダムというモビルスーツが複数作られるようになってから作られたという設定であり、具体的にはガンダムMk-IIあたりからとされていた。しかし、プラモデルパーフェクトグレード RX-78-2 ガンダム』にもこのマーキングが含まれているため、誤解されやすい。
代表的な機体

『機動武闘伝Gガンダム』シリーズにおけるガンダム 編集

機動武闘伝Gガンダム』の舞台である未来世紀においては、各コロニーの威信をかけた代表選手としてのモビルファイターを指す。これらは頭部デザインこそある程度の共通性はあるが、ボディはまさしく「なんでもあり」である。

ただし、本来は「ガンダリウム合金を使用したモビルスーツ ("Gamma UNificational Dimalium Amalgam Mobile-suit")」のことを指し、高性能なモビルスーツの代名詞であった。すなわち、全てのモビルファイターはガンダムであるが[4]、全てのガンダムがモビルファイターというわけではない。ただしこれは設定上の問題であり、作中に登場したガンダムはほぼ全てがモビルファイターである。

ガンダムファイトに使用されるガンダムは上記の他に "Govern of Universe Nation Decide Advanced Mobile-suit" (宇宙を支配する国を決める新たなモビルスーツ)の略という意味も付加されている(原典には Unverse とあるが Universe の誤りであろう)。こちらの意味についてはGガンダムも参照のこと。

代表的な機体

『新機動戦記ガンダムW』シリーズにおけるガンダム 編集

新機動戦記ガンダムW』の舞台であるアフターコロニーでは、「ガンダニュウム合金を使用したモビルスーツ("Genetic on Universal Neutraly Different Alloy-nium Mobile suit")」のことを指す。中でもウイングガンダムゼロを基礎として開発された、コロニー側が「オペレーション・メテオ」のために建造した5機のモビルスーツおよびこの系統に属する機体を指し、同じガンダニュウム合金を使用しているヴァイエイトメリクリウスビルゴシリーズはガンダムとは呼ばれていない。小説版では本来「ガンダム」はトールギスの開発中のコードネームという設定であった。

代表的な機体

『機動新世紀ガンダムX』シリーズにおけるガンダム 編集

機動新世紀ガンダムX』の舞台であるアフターウォーでは、ニュータイプ能力に反応するフラッシュシステムを搭載し、サテライトキャノンの初期起動やビットモビルスーツの遠隔操作が可能なモビルスーツを指す。これらの総称として「ガンダムタイプ」という言葉が用いられている。これらは第7次宇宙戦争に旧地球連邦軍の決戦兵器として投入されほとんどが失われたが、アフターウォーの時代にあってはガンダムを手に入れられれば天下無敵のモビルスーツ乗りになれると噂され、モビルスーツ乗りやバルチャーにとって垂涎の的であった。又、旧連邦の残存勢力が新連邦を結成する過程でも幾つかのガンダムタイプを試作している。

代表的な機体

『∀ガンダム』シリーズにおけるガンダム 編集

∀ガンダム』の正暦世界においては、ガンダムという存在はムーンレィスの伝説で「宇宙移民の大いなる迫害者」として語り継がれている。地球上においてはガンダムという名前は忘れられているが、アデスカの伝説に「白い悪魔」という巨人(白い悪魔はガンダムの異名の一つである)が語られているなど、断片的に記憶されている。

劇中において、地球人が「ホワイトドール」と呼んでいた機械人形のことを最初に「ガンダム」と呼んだのはコレン・ナンダー[5]、彼は後に月光蝶が発動する様子を見てウイングガンダムゼロらしき機体を連想している[6]テテス・ハレはガンダムの伝説と∀の記号からこの機体を「∀ガンダム」と呼んだほか、ある程度この機体を知る人物は「ターンエー」と、その他の登場人物は「ホワイトドール」あるいは「ヒゲ」と呼んでいた。∀ガンダムそのものは「ターンタイプ」とも呼ばれており、両タイプのハイブリッド(「ターンタイプ」の「ガンダム」)を思わせる表現も劇中で登場している。

アニメではこの機体以外に「ガンダム」は登場しなかったが、小説版や漫画版では黒歴史の遺産として他のガンダムらしき機械人形が登場した。なお、黒歴史の映像では過去のガンダムが映されており、それを目撃した登場人物からはデザインが「古っぽい」と感じさせる印象を与えていた。

代表的な機体

『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおけるガンダム 編集

機動戦士ガンダムSEED』シリーズの舞台であるコズミック・イラでは、他の世界観と違い「ガンダム」という名称は「機体名」ではなく[s 1][7]「OSなどのシステムの頭字語(アクロニム)」で、特にアニメ本編においては「ストライクガンダム」等の名称はまったく使われていない[8]。作中での「ガンダム」という呼称の始まりは、キラ・ヤマトが「GAT-X105 ストライク[9]」のOS起動画面に表示された「General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver ___Synthesis System」という名称の頭文字をとって「GUNDAM(ガンダム)」と読んだ事からであり、この事がアークエンジェルのクルーから軍事要塞アルテミスへと伝播して行き[s 2]、その後様々な「『ガンダム』と略称されるシステム」を搭載したモビルスーツが各陣営で現れた(これらは戦場に於けるモビルスーツの地位を不動のものへと押し上げたとされる)[s 3]。また、「ガンダム」は二つの目とV字型ブレードアンテナを備えた頭部等の特徴的なビジュアルを持ち[s 4][10]、機体を外側から観ただけで「ガンダム」と呼称される場合もある[s 5]

こうして「ガンダム」という言葉は、理解できるのは一部の人間に限られるが、モビルスーツのタイプを意味する言葉にもなり、劇中では地球連合のストライク、オーブ連合首長国アストレイP0シリーズザフト製のフリーダムセカンドステージシリーズ等が「ガンダム」や「ガンダムタイプ」と呼称されている[10][s 2][s 6]

「GUNDAM」の正式名称
これらの名称は、いずれも起動時のコックピット内ディスプレーに表示される為、その名称を確認する事ができる。
  • General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver ___Synthesis System
「単方向の分散型神経接続によって自律機動をおこなう汎用統合性システム[11]」の意。地球連合がザフトに対抗して作り上げたモビルスーツG兵器[s 7]。G兵器に共通して搭載されたモビルスーツ用OSの名称ともいわれ、モビルスーツの操縦を神経接続によって補佐する為[s 8]、パイロットはまるで自分の体を動かすような錯覚さえ覚える[s 9]。未完成だった当初はコーディネイターにしか扱えないほどプログラムに問題が多かったが、後にモルゲンレーテ社により改良されナチュラルの神経接続にも適合可能となっている[s 8]
  • Gigantic Unilateral Numerous Dominating AMmunition
「巨大制圧火器集約要塞」の意。「GFAS-X1 デストロイ」のOS。
  • Generation Unsubdued Nuclear Drive Assault Module ___Complex
「核駆動を使った世代の強襲モジュール兵装複合体」の意。通称「ZAFTガンダム目[s 10]」で初めて搭載されたOS[s 11]、又はMS兵器システムの名称[s 12]。「ZGMF-X10A フリーダム」に搭乗したキラ・ヤマトは、開発者が趣味で頭字語がGAT-Xシリーズの「GUNDAM」と同一となる様にしたと推測している[s 13]
  • Generation Unrestricted Network Drive Assault Module
「無制限のネットワーク駆動世代の強襲モジュール」の意。セカンドステージシリーズOS
  • GUNNERY UNITED NUCLEAR- DUETERION ADVANCED MANEUVER ___SYSTEM
デュートリオン統合先進機動砲撃システム」の意。「ZGMF-X42S デスティニー」及び「ZGMF-X666S レジェンド」のOS
  • Guider UNmanned Deployment Autonomic Manipulation
「無人・自律運用展開教導機」の意。「GSX-401FW スターゲイザー」の機体及び運用支援システムの総称。
代表的な機体

『機動戦士ガンダム00』シリーズにおけるガンダム 編集

機動戦士ガンダム00』の世界では、武力による全世界の戦争行動の根絶を目指す私設武装組織ソレスタルビーイング」の主力兵器として登場。この世界のガンダムは、全機がGNドライヴ(通称:太陽炉)と呼ばれる半永久機関を搭載している。GNドライヴの名称そのものが「GUNDAM NUCLEUS DRIVE(ガンダムの中核のドライヴ)」の略称であり、他の世界観と違い「GUNDAM」という名称はアクロニムにはなっていない。なお、物語の中盤以降に登場するガンダムスローネなどが搭載しているものはオリジナルの太陽炉のデータを基に開発されたGNドライヴ[T](タウ)(通称:擬似太陽炉)である。

「1st」ではこの動力機関の性能のため、ガンダムは他勢力の兵器と比較して、あらゆる面において世代を飛び越えた超高性能機として扱われている。他勢力が擬似太陽炉搭載機を主力とするようになった「2nd」においても、「1st」時の印象のためか、高性能MSと認識されている。

この作品内ではガンダムシリーズのそれまでとは違いガンダムの定義は、「1st」においては外見よりは「太陽炉を搭載しているか否か」転じて性能の高さであり、ジンクスとの戦いが「ガンダム同士の戦い」と評されたこともある。「2nd」ではその逆となり、ガンダムか否かは主に外見で区別される。この認識の変化は「1st」の武力介入により、その外見とともに「ガンダムはソレスタルビーイングの所有する兵器」と一般市民にも広く浸透し「敵意」「憎悪」の対象となっているため、連邦軍が、開発するMSの外見がガンダムに酷似するのを避けているからである。

また、ダブルオーライザーやダブルオークアンタは「ガンダムを超える存在」という意味を込め、機体名称に「ガンダム」は含まれていないのだが、グラハム・エーカーなど機体名を知らない登場人物のほか、搭乗者の刹那・F・セイエイも「ガンダム」と呼んだ。

詳細は機動戦士ガンダム00シリーズの登場兵器を参照

代表的な機体
  • GN-001 ガンダムエクシア
    • GN-0000 ダブルオーガンダム
      • GNT-0000 ダブルオークアンタ
  • GN-002 ガンダムデュナメス
    • GN-006 ケルディムガンダム
      • GN-010 ガンダムサバーニャ
  • GN-003 ガンダムキュリオス
    • GN-007 アリオスガンダム
      • GN-011 ガンダムハルート
  • GN-005 ガンダムヴァーチェ
    • GN-008 セラヴィーガンダム
      • CB-002 ラファエルガンダム
  • CB-0000G/C リボーンズガンダム

『機動戦士ガンダムAGE』におけるガンダム 編集

機動戦士ガンダムAGE』の世界では、AGEデバイスに組み込まれた兵器として登場。

代表的な機体
  • AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル
    • AGE-1T ガンダムAGE-1 タイタス
    • AGE-1S ガンダムAGE-1 スパロー

注釈 編集

  1. 『機動戦士ガンダム 記録全集1』日本サンライズ、1980年、164頁。「口」はそれまでにサンライズが参加していたロボットアニメにおいても、例えば『勇者ライディーン』『無敵超人ザンボット3』『無敵鋼人ダイターン3』の主役ロボットに見られるものである。
  2. ただし、ファンタジーをモチーフとする『聖戦士ダンバイン』『機甲界ガリアン』においては「二つ目」を主役ロボットに採用していた。
  3. 「Discontinuity」と言うのは不連続と言う意味で連続の意味を持つ「continuity」の対語であり。それに打消しの意味である「Non」が入っているこの文面は間違った使い方である。
  4. 旧シャッフル同盟が搭乗した機体」という例外は存在している。
  5. これに対しては、頭部デザインの違いから「ガンダム」であることを否定する発言も作中でなされている。
  6. これはあくまで演出上のことであり、実際にコレンがその機体を見たわけではない。そのためコレンが目撃した機体は不明である。
  7. 機動戦士ガンダムSEED MSV開発系譜図」参照。ただ、系譜図でも『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』に登場した「ライゴウガンダム」のみは「ガンダム」と付いている。
  8. コミック『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』第2巻において登場人物が「『インパルスガンダム』と言っているシーン」は存在している。
  9. 機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』の「ガンダムタイプ」の機体は、公式HPやムックなどの書籍の見出しなどや、プラモデルなどの商品においては「ストライクガンダム」や「フリーダムガンダム」といった名称は用いられている。似た様な例としては「仮面ライダークウガ」等の大半の平成仮面ライダーシリーズでの「仮面ライダー」(作中では単に「クウガ」等と呼ばれている)等の例がある(いくつかの作品では「仮面ライダー」という単語そのものが作中に存在していない)。また、『機動戦士ガンダムF91』で「F91」が劇中で「ガンダムF91」と「命名」された例がある。
  10. 10.0 10.1 劇中で「ガンダムタイプ」の同様の外観やOSを持ちながら「MBF-M1 M1アストレイ」の様に「ガンダム」とされていないものもある。
  11. データコレクション17 機動戦士ガンダムSEED上巻77ページの記載の記載では「単方向分散型神経接続による汎用自律機動演習合成システム」となっている。

参考文献 編集

  1. 「電撃ホビーマガジン」2003年7月号32ページを参照。
  2. 2.0 2.1 「角川スニーカー文庫『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』第2巻」を参照。
  3. 電撃ホビーマガジン」2007年2月号を参照。
  4. 「角川スニーカー文庫『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第1巻」を参照。
  5. 「テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第1話」を参照。
  6. テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』第34話」を参照。
  7. 機動戦士ガンダムSEED』第26話を参照。
  8. 8.0 8.1 「テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』第28話」を参照。
  9. 「角川スニーカー文庫『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』第2巻」を参照。
  10. MSV開発系譜図の「ZAFT編」参照。
  11. データコレクション18 機動戦士ガンダムSEED下巻72ページを参照。
  12. 「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編Vol.3」を参照。
  13. 「角川スニーカー文庫『機動戦士ガンダムSEED』第4巻」を参照。

関連項目 編集

モビルスーツ関連項目 編集

特定の種別のモビルスーツに関する項目。

zh:GUNDAM系機動戰士
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。