Fandom


ガンダムGT-FOUR は、漫画『機動戦士ガンダム MSジェネレーション』に登場する架空の兵器。地球連邦軍の試作型モビルスーツである。(型式番号:RX-78E)

機体解説 編集

テンプレート:機動兵器 地球連邦軍により開発された試作型可変モビルスーツ。FOURとは「Flight & Operaitions Unification Reacters」の略である。

「G-4計画」という一年戦争末期にRX-78-3(G-3ガンダム)を開発母体とした次期構想機として計画された機体のひとつで、空軍主体で開発が進められた。MSの大気圏内での単独による行動半径拡大を目指し、飛行・戦闘の融合機として、連邦軍初の可変MSとして設計された。なお、同計画では本機の他に、宇宙軍主体のガンダムNT-1、陸軍主体の格闘専用型、重火器型、海軍主体の水中戦型が計画・開発された。

機体自体は以下の3段階の変形を可能としている。

Bモード
「ブースターモード」の略で、航空機形態となっており、主に移動に用いられる。ただし、この形態は機体に対して翼の面積が浮力を得るには小さすぎ、その飛行は大出力のスラスターによる推進となっているため、運動性能はあまり高くない。
Fモード
「フライヤーモード」の略で、MSに変形した状態でブースターノズルを水平に展開する事により、MS並の機動性と航空機並の行動拡大を目的とした形態。だが、ミノフスキークラフトはまだMSに装備出来る程小型化されていなかったため装備されず、ブースターによる推進力で飛行する。そのため、飛行時の運動性能は劣悪で、戦闘の際には自由落下とほとんど変わらないと言われている。
Gモード
「モビルスーツモード」の略であるが、G-4計画の一端として製造された経緯からMモードではなく、「ガンダム」のGから名付けられ「Gモード」と呼称されている。後のグリプス戦役時に開発された可変MSのようなフレーム素体はまだ開発されていないため、関節が脆弱などの欠点がある。

上記の様な問題の他に、地球連邦軍内における派閥争いで、宇宙軍からRX-78-3のデータを入手する事が出来ず、それが原因で、基本動作のデータが低すぎるなど、様々な問題が発生している(ただし、シミュレーション上は性能に問題は無く、機体性能にパイロットがついていけなかったとも言われている)。

なお、操縦には、機体の操作と武器管制のために2名を必要とする。コア・ファイターは複座式で、Fモード、Gモードでは後席が頭部の有視界コックピットに移動する。その頭部のデザインは、後頭部から見ると明らかにトヨタの某スポーツクーペそのままである。

コア・ブースター形態からMSに変形する画期的な機体ではあったが、上記の様に色々な問題から、正式採用される前に一年戦争は終結。当時の開発スタッフはNT研究所他に移籍し開発が続けられ、後にギャプランアッシマーの開発の基となっている。

デザインは藤田一巳

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。