Fandom


コズミック・イラの艦船及びその他の兵器では、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』を初めとする「コズミック・イラ」作品に登場する架空の艦船と、MS(モビルスーツ)とMA(モビルアーマー)を除くその他の兵器について解説する。 テンプレート:ネタバレ

地球連合軍 編集

詳細は地球連合軍の艦船及びその他の兵器を参照

ザフト 編集

詳細はザフトの艦船及びその他の兵器を参照

オーブ連合首長国国防軍 編集

イズモ級 編集

テンプレート:機動兵器

モルゲンレーテ社が開発した多目的宇宙戦艦。艦首カタパルト部及び両舷側部と艦橋部分が分離する構造となっており、艦橋部分のみがオーブ本国とヘリオポリス間の連絡用艦艇として運用される。アークエンジェルの設計母体となった艦でもあり、ブリッジの形状や武装など共通点が多い。オーブ脱出時にアークエンジェルが使用したプラズマ・ブースターは元々イズモ級用のものだが、作中ではイズモ級の使用例はない。
イズモ
『SEED ASTRAY』シリーズに登場。同級ネームシップで1番艦。サハク家が管理する宇宙軌道ステーション「アメノミハシラ」を拠点としている。船体塗装は黒基調に黄色のライン。艦名は日本神話に登場する「出雲国」に由来する。ユニウスセブン落下事件にて、オーブ本国へ落下しつつあったユニウスセブンの破片に体当たりを敢行し軌道をずらすことに成功する。
クサナギ
2番艦。本来はMAの運用艦であったが、M1アストレイの開発に伴い改修が加えられ、10機程度のMSを搭載可能となっている。船体塗装は白基調に青のライン。艦名のクサナギは、日本神話に登場する三種の神器のひとつ「草薙剣」に由来する。
『SEED』では、オーブ解放作戦において、オーブ軍の残存戦力を収容し、アークエンジェルと共に宇宙へ脱出する。その際、艦長はレドニル・キサカが務める。メンデルで、エターナルと合流後は三隻同盟の一翼を担い、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦を停戦協定締結まで戦い抜く。
『SEED DESTINY』では、月面都市コペルニクスの宇宙港において、同級艦数隻と共に係留されていた。レクイエム攻防戦にてソガが艦長を務め、アークエンジェルを旗艦とするオーブ軍第2宇宙艦隊の副旗艦として戦闘に参加。最終決戦であるメサイア攻防戦を戦い抜き無事に停戦を迎える。
スサノヲ、ツクヨミ
『SEED DESTINY』に登場。コペルニクス宇宙港にクサナギと共に係留されており、宇宙戦用MSオオツキガタを数機搭載する。レクイエム攻防戦・メサイア攻防戦において、オーブ軍第2宇宙艦隊の一角として参加し、無事帰還する。艦名はそれぞれ、日本神話に登場する神名スサノオツクヨミに由来する。


タケミカズチ編集

テンプレート:機動兵器

『SEED DESTINY』に登場。オーブ海軍の大型航空母艦(スーパーキャリア)。オーブの国防戦略の変化、すなわち、本土・沿岸の領域警備重視から外洋制圧力強化による積極防衛への転換にともない建造された。これは艦載機であるムラサメも同様である[1]。船体は同国のイージス艦に見られるトリマラン型(三胴船)を採用。また、従来地球連合各国やオーブで使われてきたVTOL戦闘機ではなく固定翼CTOL機=ムラサメの運用を主とすべく、アングルド・デッキ、二段飛行甲板、7基のリニアカタパルトを備える。艦長はトダカ、副長はアマギが務める。
黒海、クレタ沖海戦においてザフトのミネルバと交戦し、ソードインパルスのエクスカリバーレーザー対艦刀に艦橋を両断され撃沈される。


オーブ海軍イージス艦 編集

テンプレート:機動兵器

オーブ海軍の中核を成す大型水上戦闘艦。イージスシステムによる高い防空能力を有するだけでなく、地球連合各国が保有するダニロフ級と比べ、本型はタンブルホーム断面[2]のトリマラン(三胴型)船体[3]にポリマー滑走推進を組み合わせるなど、極めて野心的な設計となっている[4]。このため、20世紀半ばの重巡洋艦に相当する艦型規模[5]にもかかわらず、高いステルス性と50ノット超という驚異的快速[6]を得ている。高速航行時には半水中翼船の状態となる[4]という設定だが、劇中ではそのような高速航行をするシーンは登場しなかった。
オーブ解放作戦において、アスハ政権によるオノゴロ島自爆の際は、イージスシステムの開発元である大西洋連邦(旧アメリカ合衆国)との関係が一時最悪[7]となった。MS及びMA母艦ほど[8]ではないものの、イージス艦のトン当たり単価は非常に高価である[9]。しかし、中立の立場から特定国家との軍事同盟を拒否しているオーブは、完璧な自衛力を期して20隻以上を保有し、オーブ解放作戦での喪失艦の補充のため戦後も同型艦の建造が続行中である。
オーブ海軍は、本来その任務が近海水域の防衛[10]に限定される沿岸型海軍(ブラウンウォーターネイビー)であり、また集団的自衛権も持たない[11]ため、実任務で護衛艦が遠洋航海をおこなうのは稀である[12]
アークエンジェルがオーブに寄港する際、エスコートに出たのが初出である。その後、オーブ防衛戦や世界安全保障条約に基づく海外派兵、反ロゴス同盟との戦いでも出動しているが、奮戦むなしく敵モビルスーツに次々と撃沈されるヤラレ役であった。高速航行したり、舵を切って回避運動をとるような場面は全く無かった。
アークエンジェルがオーブに初来航した時、領海防衛のため彼らを出迎えたのは、本イージス艦8隻からなるオーブ海軍の「第2護衛艦群」なる艦隊であった。また、ロード・ジブリールを匿うオーブが反ロゴス艦隊を迎え撃つ際、ユウナ・ロマ・セイランは、「護衛艦群、出動!」という言葉を叫んでいる。しかし、海軍用語に「護衛艦群」という言葉は存在せず、これらは海上自衛隊の艦隊単位「護衛隊群」の誤り、もしくは造語であると思われる。なお、『ガンダムSEED』と同じサンライズが制作したアニメ『沈黙の艦隊』の脚本でも「護衛隊群」のことが「護衛艦群」と誤記されている。


クラオミカミ級編集

テンプレート:機動兵器

オーブ海軍の多数を占める護衛艦。同時代の艦では旧式の部類に入るが、数の多さから領海警備に多用されている。オーブ海軍はかつて宗主国であったともいわれる[13]日本国の海上自衛隊と同様、水上戦闘艦の艦種日本語表記を特に区別せず、すべて「護衛艦」としている[14]
本級は、インマストの一部が三脚ラティス構造であり、アンカーは艦首両側面に装備されている。ガスタービンの吸気口はイージス艦とほぼ同様の形状であり、艦橋の両脇に位置している。また、装備するレーダーは一様にフェーズドアレイレーダー[15]となっている。
クラミズハ、イワサコ、ソコワダツミ
クレタ沖海戦にて撃沈。
ハヤマツミ、タヤマツミ
オーブ攻防戦にてハヤマツミは撃沈、タヤマツミは航行不能。


オーブ海軍輸送艦 編集

テンプレート:機動兵器

『SEED DESTINY登場。人員、車両などの輸送に使用される支援艦艇。極端に前方に寄った巨大な艦橋と、その後方に艦上構造物が連なる構造を持つ。艦上構造物の壁面は大半が垂直面であり、マストは傾斜平面で構成されている。上構側面にはプロムナードデッキがあり、艦上構造物は中程が大きく切り欠かれたような形状であり、4基設置されたクレーンで、その露天甲板へ車両その他の荷物を積み卸すことが可能になっている。オーブ解放作戦にてオノゴロ島に派遣され、避難した島民の脱出用に使用される。


アルバトロス 編集

人員運搬用の大型飛行艇。アークエンジェルからの救援要請を受け、カガリとキサカが搭乗し派遣される。また、負傷したアスラン・ザラのオーブ近海への搬送を行う。

明けの砂漠 編集

自走砲 編集

反ザフトのゲリラ組織「明けの砂漠」が使用する戦闘車両。8輪トラックでフロント及びサイドガラスはスリット入りの防弾板で塞がれている。武装として5銃身ガトリング砲塔1基を装備。『SEED DESTINY』では、ロード・ジブリール邸を襲撃したゲリラが同型の車両を使用する。自走砲は、『設定書』において、この名称が登場している。

戦闘用エレカ 編集

明けの砂漠が使用する4輪自動車。電気駆動式であり、車載兵装はない。『SEED DESTINY』では、 第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦後、マリュー・ラミアスコジロー・マードックがモルゲンレーテ社の造船課Bに在籍時、施設構内の移動に使用していた社用車も戦闘用エレカと同じモデルであり、ブラウンに塗装されている。C.E.71年まで地球連合軍本部であったJOSH-Aの構内でも同型の車両が使われており、車体はブルーグレーに塗装されている。「戦闘用エレカ」とはこの自動車の劇中における固有の車名ではなく、設定書に区別のため付けられている名前である。

ミサイル搭載ハーフトラック 編集

明けの砂漠が使用する半装軌車。地対空ミサイル・対戦車ミサイルを選択発射可能な4連装ミサイルランチャーを装備する。設定書において、この名称が登場している。

マーシャン 編集

アキダリア 編集

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY』に登場。マーシャンの惑星間航行用宇宙船。先端部は分離して通常の大気圏内外両用の宇宙船として運用される。ロウ・ギュールの技術供与により開発された陽電子砲を装備する。デルタアストレイと連動した自爆装置がマーシャン上層部によって仕掛けられている。

サーペントテール 編集

パワードスーツ グテイ 編集

傭兵部隊「サーペントテール」が所有するパワードスーツ。一般的なMSの約10分の1程度の大きさで、より細かな作業や工作が可能。主にロレッタ・アジャーが使用する。武装としてハンマー、ノーマルライフル、コーナーショットライフルなどを装備する。『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』、『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』に登場。

テンプレート:ネタバレ終了

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 『パーフェクトアーカイブ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』参照。
  2. 本艦の場合、舷側が裾広がりで断面が台形を示し、更に艦首は舳先よりも水線下部分のほうが前方へ突き出ている。このような船型を波浪貫通タンブルホーム(Wave Piercing Tumble Home Hull)と呼ぶ。
  3. 『データコレクション 機動戦士ガンダムSEED上巻』、オフィシャルサイト『GUNDAM SEED DESTINY』による。
  4. 4.0 4.1 月刊HobbyJapan連載「山根公利イラストエッセイ Seek!Seed Ships #6」による。
  5. 約200mの船体である。
  6. 造船学、水流物理学の見地から、スクリューによる航行では将来的にも30〜40ノットが限度とされている。
  7. オーブ解放作戦の項参照
  8. 月刊HobbyJapan連載「山根公利イラストエッセイ Seek!Seed Ships #6」によれば、モビルスーツよりも通常の洋上艦艇のほうが調達コストは割安だという。
  9. イージスシステムを構成する電子機器(及びその使用権料)が非常に高価なためである。故にイージス艦は一定の大国でないと保有できない。
  10. HobbyJapan情報欄の記述による
  11. 「オーブの理念」に定められている。
  12. 『SEED DESTINY』劇中の、世界安全保障条約に基づく海外派兵が初であった。
  13. オーブ連合首長国を参照のこと。
  14. 水上戦闘艦全般を一つにくくり、「護衛艦」という艦種名を採用しているのは日本のみである。他の国では、巡洋艦駆逐艦フリゲートといった区別がある。詳しくは護衛艦の項を参照のこと。
  15. 可動式レーダーは装備していない。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。