Fandom


ジムII(ジムツー)は、テレビアニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の兵器

地球連邦軍ティターンズエゥーゴの量産型モビルスーツ(MS)。 テンプレート:ネタバレ

機体解説 編集

テンプレート:機動兵器

一年戦争において地球連邦軍を勝利に導いたRGM-79 ジムの発展型(改修機)。コストパフォーマンス優先で戦力向上を図った為、主武装を精度の低いビームスプレーガンから、ガンダムに匹敵するエネルギー充填型BR-S-85系ビームライフルAEボウワ社製:出力1.9MW)とし、コクピットには全天周囲モニターを採用。主機の換装やサブセンサー設置などの近代化改修が行われたものの、目を瞠る程の性能向上はなく、ジムのマイナーチェンジ版の域を出ていない。

これらのアップグレードによって、カタログスペック上は装甲を除きRX-78 ガンダムを上回るものの、グリプス戦役時には既に旧式化しており、次々と繰り出される当時の新型機の前に苦戦を強いられた。後に多くの機体は退役するか、ジムIIIに改修されたが、新型機配備が間に合わない&運用面での使い勝手の良さからか、一部の機体は次々世代機のジェガン登場後もなお現役で稼動していた。

従来のジム(先行量産型)をアップデートした機体には「RGM-79R」の型式番号が、RGM-79CR ジム改高機動型を経てグリプス開発基地にて新規に製造されることになったジムIIには新たに「RMS-179」の型式番号が振り当てられた(「RMS-179」とは別に新規生産の「RGM-79R」の型式番号を持つジムIIも存在する[1])。ティターンズ及び連邦軍で使用された機体色は赤 / 白である。

エゥーゴも元々の戦力自体が反ティターンズの連邦宇宙軍を中心としていたこともあり、設立してしばらくは連邦軍の主力を担っていたこの機体の機体色を変更して主力機として使用していた。エゥーゴでの正式な機体色は緑 / 白。シールドの星マークは赤で塗りつぶされている。テレビ放送当時ジャブロー降下作戦でネモカラーのものが存在し着色ミス(色パカ)とされていたが、模型雑誌の作例などでは「エゥーゴカラー」として取り上げられた。

機動戦士ガンダムUC』においてトリントン基地防衛に当たった機体は、デザートピンク / 紺に塗装された。


設定の変遷 編集

雑誌アニメックのインタビューに答えた『Ζ』のメインデザイナー藤田一巳によれば、元々は前作の「ジム」のディテールアップ画稿として近藤和久が描いたものだが、少々デザインを変化させすぎたので「II」ということにしたのだという。

『Ζガンダム』放映終了後に発表されたOVA作品『機動戦士ガンダム0080』『機動戦士ガンダム0083』において、ジム・コマンドジム・カスタムのように、登場年代が古いにも関わらず、より発展的な外見のジムシリーズが登場したことにより、旧態依然とした外見のジムIIはカタログスペックだけ優れた浮いた存在となってしまった。このためかジムIIは新造されたものではなく、従来型のジムそのものを近代改修した機体という設定に変更されたケースもある。バンダイが発売していた雑誌『B-CLUB』70号(1991年9月号)の月刊MSジャーナルの46ページにある地球連邦軍・主力量産機の系譜におけるジムIIの解説では、この設定に基づいて解説が書かれている。また、ジムIIの型式番号がRGM-179 となっている。

この新しい型式番号は、放送開始時に各関連書籍や商品向けにサンライズで設定されたものであるが、開発した基地や順番についての法則は、実際にはモデルチェンジ前の番号に百の位を付け足しただけのものである。

そもそも放映当時のアニメ各誌やムック、プラモデルでは「ジムのマイナーチェンジ版」と最初から明記されていたので、発展型というのは後の設定変更である。

脚注 編集


zh:RGM-79R型机动战士
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。