Fandom


ジムIII(ジムスリー)は、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する架空の兵器

地球連邦軍の量産型モビルスーツである(型式番号:RGM-86R)。本項ではそのバリエーション機についても併せて記述する。 テンプレート:ネタバレ

ジムIII 編集

テンプレート:機動兵器 グリプス戦役後の地球連邦軍の主力機。ジムIIの後継機にあたり、ジムの発展型で新技術を導入、ガンダムMk-IIからの技術転用もあり、設計の見直しが行われている。ジムIIと比較して全般的に性能が向上しており、ミサイルランチャーを装備することで支援用MSとしての運用も可能である。

劇中で使用しているビームライフルのデザインはジムII用と同一であるが、実際にはジムIIのものより小型軽量高出力(1.9MW→2.8MW)となった専用ライフルである。しかし、Eパック式ではなくエネルギー充填型なのは相変わらずで、撃ち尽くしても再リロード不可なため(一般に充填型ライフルはEパック方式よりも射撃回数が多めとは言うものの)、戦闘継続性に問題を残していた。

肩部ミサイルポッドの仕様は2種類あり、ジム専用ノーマルミサイルポッド(中型ミサイルタイプ)は各4発同時発射を4回可能。オプションミサイルポッド(小型ミサイルタイプ)は各15発同時発射を2回可能とされている。なお、ミサイルランチャー装備時には盾が装備できない。

腰部に装着される大型ミサイルランチャーは二連でパックされており、発射後4枚のプレート(『ガンダム・センチネル』の設定画内記述では「高機動プレート」)を開く特異な形状を持つ。このプレートはミサイル自体の運動性向上を目的とするものであり、アクシズなどの重MSに対抗する目的で装備されている。大型ミサイルは腰だけではなく、コネクタを介してバックパックの上端に4発取り付け可能であると記述されている。

またジムIIとパーツの共用率が高く、ジェネレーターの交換、増加装備と一部パーツの換装でバージョンアップが可能であったため、新規でジムIIIとして製造された機体と、従来のジムIIから改装された機体とが存在する[1]という説がある一方、本機はジムIIのような改修機ではなく、完全に再設計された機体とする資料もある(しかし、ヌーベルジムIIIの登場により本機は改修機という設定となっている)。しかし、ジムとネモの発展型であるジェガンの登場で急速に第一線から引退していった。生産台数、生産期間は共に短く、少ないとされ、800機程度だったとされる。

ライセンス
「MOBILE SUITS GUNDAM4」の解説においては、カラバとアナハイム・エレクトロニクス社の共同開発であり、地球連邦軍がカラバを統合した後に正式採用されたとも記載されている。よって、ライセンスはカラバにあったがカラバが地球連邦軍に統合され移ったためにライセンスは地球連邦軍が所有している。そのために安価でアナハイム・エレクトロニクス社に製造させることができるとされる。
劇中での活躍
第一次ネオ・ジオン抗争期には、カラバに流出した本機が、ネモに換わる主力としてカラバ本部を護衛した。なお、エゥーゴやカラバ配置の機体は緑系統のカラーリングに塗装されていた。(『機動戦士ガンダムΖΖ』)
第二次ネオ・ジオン抗争期には、ジェガンにその座を譲りつつあり、ロンド・ベル隊以外に配備されている。(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)
機動戦士ガンダムUC』ではロートル機体として登場。ガーベイ一族と「袖付き」による破壊と殺戮から地球連邦政府首都ダカールを守るために奮戦する。アニメ版第2話ではジェガンのシールドを装備した機体が登場している。
デザイン
『機動戦士ガンダムΖΖ』放送当時にあったドワッジディザートザクザクマリナーなどと同様、既存プラモデル製品の金型(ジムIIの本体とガンダムMk-IIのランドセル)を再利用して軽易に製品化する企画のメカだったが、結局インジェクションキットとしては製品化されずに終わっている。2011年7月にHGUCシリーズとして初インジェクションキット化予定。
デザインはカトキハジメ、クリンナップは佐山善則が担当。カトキは若干ガッシリとしたシルエットでデザインしたが、佐山によるクリンナップではジムのようにスリムなシルエットに変更され、頭部や胸ダクトのデザインなどが差し替えられている(なお「ジムにしては太目」なシルエットはヌーベル・ジムIIIに受け継がれている)。その為、ジムIIIとヌーベル・ジムIIIは違う機体となった。


ヌーベル・ジムIII 編集

テンプレート:機動兵器 雑誌企画『ガンダム・センチネル』に登場する、地球連邦軍のモビルスーツ。名称の「ヌーベル」とは、フランス語で「新しい」を意味する。

ジムIIのさらなる性能向上を目指し、ガンダムMk-IIの設計の一部を取り入れたジムIIIには、ジムIIからの機体改修によってジムIIIになったものと、まったくの新規に設計、製造された機種とが存在した。両者を区別するために後者の機種をヌーベル・ジムIIIと呼んでいる。このヌーベル・ジムIIIはジェネレーターがより強力なものに変更され、それに伴い胸部の排気ダクトも増設されており、パワードジムネロのように4つある。また頭部はバルカンの総弾数とセンサーを強化した新設計の物となっている。また、ジムIIからの改修機であるタイプのジムIIIは腕部、脚部にこそムーバブルフレーム構造となっていたものの本体は旧型のセミ・モノコック構造のロートル機であり厳密には1.5世代機であった。また、あくまでジムIIIは第二世代MSを主力とする部隊の支援攻撃任務において充分な性能を発揮するものであり、ジムIIIを主力機と言い切るにはいささかお粗末な内容であった。しかしヌーベルジムIIIは設計段階からムーバブルフレーム構造が採用され運動性が向上している。このためジムIIから改修された機体と比較して、ガンダムMk-IIの簡易生産型と呼べるまでに性能が向上。そして後にネモと同型のジェネレーターに換装してコストダウンをはかった後期生産型が作られ、第二次ネオ・ジオン抗争に至るまで主力機として運用され続けた。しかし、ジェガンが普及しはじめると序々に退役し、予備役へと転じていった。 武装はジムIIのものを共用していた改修型と対照的でガンダムMkIIの主力武装を装備しているが、バーザムと同様、連邦軍のMS武器の大半を装備可能となっている。


設定画にはガンダムMk-IIと同仕様の盾に装着した「近接防御ミサイルクラスター」なる火器、前腕のミサイルパイロン&ミサイル(各2発)、腰部側面へのクラッカーまたはマイクロミサイル等の記述もあるが、詳細は設定されていない(以上、公式設定画及び『ガンダム・センチネル』内設定画による)。『ガンダム・センチネル』劇中および作例では肩部ミサイルポッド・腰部ミサイルランチャーと同時に盾も装備している。

デザイン
上記の通り『機動戦士ガンダムΖΖ』版ジムIIIのクリンナップ前のカトキハジメ画稿がセンチネルで流用されている。発表順から見ると、このヌーベル・ジムIIIのデザインが『センチネル0079』版のジム後期生産型ガンダムのベースになっている。


ヌーベルジムIII後期生産型 編集

ジェネレーターをネモ用に換装しコストダウンを図ったタイプ。ネモの高い稼動率を誇る優秀なジェネレーターと冷却システムを搭載したことによって、胸部の廃熱ダクトは前期生産型から増設された四基から、従来の二基に減らすことに成功し、増加ダクトは撤去された。これによって重量の軽減と製造コスト削減に貢献した。頭部ユニットは生産コストを削減するため、広く普及していたRGM-86RジムIIIと同タイプのものに変更された。シールド、武装もジムII、ノーマルのジムIIIの物を再利用している。外見的には改修型ジムIIIに近くなっているが、腰部のヘリウム・コア、腕部形状はヌーベルジムIII初期生産型と同じである。設定のみで画面には登場しなかったが、二次ネオ・ジオン抗争ではルナツー艦隊やコンペイトウ艦隊、八・八艦隊艦載のヌーベルジムIIIが通常型ジムIIIとともに地球へ落下するアクシズを食い止めるために来援し、νガンダムを支援しており、当時の連邦軍主力部隊を中心に多数配備されていることが分かる。

早期警戒型ジムIII 編集

PCゲーム機動戦士ガンダム リターン・オブ・ジオン』に登場(型式番号:RGM-86EW)。

ジムIIIを早期警戒型に改修した機体。強力な索敵システムを搭載したバックパックが特徴であり、後方支援用にミサイルも内蔵している。そのため、コストパフォーマンスに問題が生じ、少数の生産に終わった。

なお、PCゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスド・オペレーション』では、同コンセプトの機体「EWAC-ジムIII」(型式番号:RGM-86E)が登場する。

注釈 編集

  1. ジムII自体が一年戦争当時のRGM-79 ジムを、ジェネレーターの積み替えやコクピットブロックのリニアシート化などにより部分的に改修した機体としている資料もある。

関連項目 編集

en:RGM-86R_GM_III
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。