Fandom


ドダイ改(ドダイかい)は、アニメ「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。モビルスーツを載せて飛行させるためのサブフライトシステム(SFS)である。

概要 編集

グリプス戦役第一次ネオ・ジオン抗争において、主にカラバが運用した。 爆撃機をSFSに転用したドダイYSとは異なり、完全にSFSとして設計されている。武装は、機首左右に三連装ミサイルを装備。モビルスーツを2機まで搭載可能。

劇中では、カミーユ・ビダンが搭乗するガンダムMk-IIアムロ・レイの駆るリック・ディアスなどが当機を使用している。また、当機単独で戦闘することはなくMS側から無人操縦している。ティターンズネオ・ジオンのMSでも操作可能で、『Z』第15話で、カツ・コバヤシの操るガンダムMk-IIを搭載していた当機が、ロザミア・バダムの操るギャプランに奪われて使用され、『ZZ』第36話では、プルの操るキュベレイMk-IIによって使用された。さらに機首のコクピットから搭載MSを遠隔操縦することも可能で、『ZZ』第35話では、ハヤト・コバヤシがドダイ改のコクピットから、搭載しているジムIIIのビームライフルを遠隔操縦し、ラカン・ダカランの操るザクIIIに対して攻撃を仕掛けている。

輸送機として使用されることもあり、『Z』第18話ではルオ商会からアウドムラへの補給物資の輸送に使用され、『ZZ』第35話ではコンテナを搭載し、コロニー落としの標的になったダブリン市民を救助するために使用された。

補足 編集

  • OVA機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する「ドダイツー」と間違われることがあるが、別の兵器である。
  • 映画『機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-』の劇中で、カミーユがドダイ改で出撃するシーンがあるが、これを漫画化した『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』の中では、カミーユの台詞は「ドダイ」なのに対し、画はドダイ改ではなく、ベースジャバーになっている。
  • ゲームブック『機動戦士Ζガンダム ジェリド出撃命令』にも登場。主人公ジェリド・メサが使用して空戦を行っている。グッドエンドではMSを乗せたまま、母艦上空でバスク・オムに対してビクトリーロールも披露している。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。