Fandom


ドルメル (DOLMEL) は、対戦型格闘ゲーム機動戦士ガンダム EX REVUE』に登場する架空の兵器。

ジオン公国軍の試作型モビルスーツ (MS) である(型式番号:MS-19)。

本項では、『機動戦士ガンダム EX REVUE』の続編企画で登場する予定だったガーシュインについても併せて記述する。

機体解説 編集

テンプレート:機動兵器 ジオン公国軍の汎用試作型MS。宇宙要塞ア・バオア・クーで極秘裏に開発された。完成度は高いが、戦線投入されたのが終戦直前の宇宙世紀0079年12月31日だったため、戦果を残す事は出来なかった。なお、パイロットのラムイコ・シュタインは本機の開発にも関わっている。また本機に搭乗しア・バオア・クー攻防戦に参加したとしている。

漫画『機動戦士ガンダム カタナ』ではスパーダ公が搭乗し、ユージ・アルカナのストライカー・カスタム、コテツのフルアーマーアレックスなどを一蹴した。

武装 編集

ヒートパイル
肩に装備されたスパイクで突進する。
マルチランチャー
両腕から放つビーム弾。普通の飛び道具だが、連射性能は高い。
発射している部分はビームガンを兼ねるビームサーベルである。
トゥビーム
両足つま先に内蔵されている短いビームサーベル。常に起動しているわけではなく、キック攻撃毎に刀身が形成される。
ミサイルポッド
両肩部と胸下部に内蔵されている火器だが、ゲーム中では使用されなかった。

ラムイコ・シュタイン 編集

ドルメルのパイロット。金髪ロングヘアの碧眼の女性で赤いノーマルスーツを着用している。顔はノーマルスーツのヘルメットに隠れているので、エンディングでこれを外すまでは見えない。本人曰くア・バオア・クーで生まれ育った。書籍『データガンダム キャラクター列伝』では、階級は少尉と記されている。

キャラクターデザインは逢坂浩司。ゲーム中において、名前は「RAMUICO SHUTEIN」という表記のみで読みは明らかにされず、原画にも謎の女パイロットとしか書かれていなかったが、ゲーム『クイズ機動戦士ガンダム 問・戦士』では、「ラムイコ・シュタイン」と記されており、ガンダム関連書籍・雑誌で紹介される時もこれに準じることが多い。ただし、「ラミーカ・シュタイン」とする説もある。

備考 編集

メカニックデザインは大河原邦男。デザインの経緯は同ゲームの開発者帆足のラフデザインを元に起こしている。カラーリングは1Pカラーがレッドとホワイト、2Pカラーがブルーとゴールドとなっている。

設定では頭頂高17.9mだが、ゲーム中では頭頂高18.0mのガンダムより一回り大きく描かれている。

ゲーム『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』発売前に、一部で『EX REVUE』も収録作品に含まれる(≒本機も登場する)という報道がなされたが、後日訂正された[1]

その他の「MS-19」 編集

サンライズ公式ではないものの、本機以外にもMS-19の型式番号を持ったMSは存在する。漫画『アウターガンダム』には、MS-19Nの型式番号を持った「カタール」、漫画『機動戦士ガンダム バニシングマシン』では、MS-19Eの型式番号を持った「ホークアイ」(ただしこちらは一年戦争時代のMSではなく、下半身がサイコミュ高機動試験用ザクになった強行偵察型ザクIIである)が登場している。

ガーシュイン 編集

バンプレストは『機動戦士ガンダム EX REVUE』の続編として、ガンダムを始めとしたサンライズのロボットによる格闘ゲームを予定していた。これは企画のみに終わったが、ラストボスとなる機体を大河原邦男にデザインさせていた。これがガーシュインである。

ガンダムの顔をしているが、頭部と腹部に大型ビーム砲、背中に巨大なハサミを装備し、両手がドリルになっていて両肩にもドリルが付いた異形の機体である。モビルアーマー (MA) 形態もデザインされている。

脚注 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。