Fandom


ヒートホークとは、アニメ機動戦士ガンダム』などガンダムシリーズに登場する状の架空の武器。

概要編集

巨大な人型兵器であるモビルスーツの近距離戦用の携行武装で、斧(トマホーク)のような形をしている。ブレード部分を加熱することで金属を溶断する威力を発揮する。元は宇宙空間におけるコロニー建設作業用の工具が発展したものである。

一年戦争初期から中期におけるジオン公国軍の主力モビルスーツであるザクIIの白兵戦用の標準装備であった。ガンダムが装備するルナチタニウム合金製のシールドを叩き割っていることから、直撃すれば大きな破壊力を持つ。ジオン系のモビルスーツでも白兵戦用装備としてヒート系の武装が装備されているが、地球連邦軍のモビルスーツが登場してモビルスーツ同士の白兵戦が頻発するようになったためか、斧よりリーチが長い剣型の「ヒートソード」「ヒートサーベル」となっている。また、ヒートホークを大型化したヒート・ナタは試験的にザクレロが搭載しているが、ほかでの採用はない。エネルギーCAP完成によって、より小型のビーム兵器の使用に成功したゲルググギャン以降はより強力なビームサーベルが装備されるようになり、以降の作品世界では影が薄くなっている。

ただし、ビームサーベルに比べると消費するエネルギーが低いため、出力の問題で複数のビーム兵器を同時使用できない機体(『機動戦士Ζガンダム』に登場のハイザック)の装備として採用されたり、エネルギーを使い切った時点での予備的な武器としてビームサーベルの握り部分にヒートホーク機能を付加した例も存在する(映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するサザビーヤクト・ドーガなど)。

なお、ヒートホークに限らずヒート系の格闘武装は刀身部分がプラズマ化しており、これによってビームサーベル等とのつばぜり合いも可能となっている。『機動戦士ガンダム』放送当時にはこのような設定は存在しておらず、つばぜり合いも長らく「演出ミス」とされていた(小説版でもガンダムがヒートホークごとザクを切り捨てる描写がある)。最近ではグフカスタムマスターグレードプラモデル解説書のように「ヒート系武装の性能が解析されて以降はビームサーベルの出力が向上し、つばぜり合いを行うどころか打ち合わせただけで両断されてしまった」とさらに後付け設定が付け加えられている。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。