Fandom


ヒートロッドは、アニメガンダムシリーズ」に登場する状の架空の武器。

本項では、同シリーズに登場する類似した武器についても併せて記述する。

ヒートロッド編集

一年戦争時(宇宙世紀0079年)にジオン軍によって開発されたモビルスーツ(MS)・グフの右腕に内蔵された固定武装である。鞭自体の発する熱によるダメージに加えて、電撃を送り込むことによって敵の電気系統をショートさせて行動不能にさせる効果がある。

グフに搭乗したランバ・ラル大尉ホワイトベース隊MSと交戦した際に多用され、アムロ・レイガンダムカイ・シデンガンキャノンなどを苦しめた。

しかしジャブロー降下作戦時に登場した一般パイロットの駆るグフはヒートロッドをあまり使用していなかった。これは敵を無力化するのにある程度時間がかかる本武装が多対多の戦闘には向いていないことと、格闘戦技術が高いパイロットでなければ使いこなせなかったことが理由として考えられる。

その後もアッグガイのような格闘戦重視型のMSに採用されたり、旧ジオン軍のMSを意図的に模して作られたオールズモビルのRFグフで採用された例はあるが、MS用の格闘戦武装としてビームサーベルが普及したため後の宇宙世紀ではほとんど廃れた武器となっている。

なお「ロッドなのにではなく鞭なのはおかしい」との声もあるが、英語の「rod」には鞭という意味もあるため間違いではない。

類似の武装編集

海ヘビ編集

グリプス戦役期(宇宙世紀0087年)に登場したMS用の手持ち式オプション装備。グリップとそこから伸長するワイヤー、敵に絡み付けるプローブ部から構成されている。

ヒートロッドとは異なり熱が出ず高圧電流のみでダメージを与える武装で、グリプス戦役ではヤザン・ゲーブルの率いるハンブラビ隊のみが使用していた。同小隊は3機のハンブラビの間に張った網で敵MSを捕らえ電撃を流す「クモの巣」という武装も使用しており、これらの高圧電流武器を使うことに長けていたようである。

その後『機動戦士ガンダムF90』(宇宙世紀0120年)でオールズモビル軍のRFザクがガンダムF90を奪取した際に類似の武装を使用しているが、ワイヤーを絡めるだけで電撃を流す描写はなかったため同一のものかどうかは不明である。

ワイヤーアーム編集

宇宙世紀0080年代中盤、ジオン残党の改造MS「シュトゥッツァーシリーズ」が使用した装備。ウインチユニットと、ワイヤー先端に取り付けられたザク系MSの下腕部を流用したと思われる腕で構成されている。

3機の連携でワイヤートラップを張り、絡まった敵MSに電流を流して機器をショートさせるというハンブラビの「クモの巣」に似た戦法で攻撃する。また単機での使用も可能で、敵MSの拘束などに使用される。

ビームストリングス編集

ザンスカール戦争期(宇宙世紀0150年代)のザンスカール帝国のMSは宇宙用の武装として「ビームストリングス」と呼ばれる電撃ワイヤーを装備したものが多かった。

「ビーム」という名称は宇宙空間で広がる細いワイヤーが光線のように見えるためであり、ビームライフルやビームサーベルといったビーム兵器とは全く異なる武装である。

宇宙世紀以外の類似兵器編集

新機動戦記ガンダムW』(アフターコロニー世界)では、ガンダムエピオン及びトールギスIIIが使用する武器として存在する。V字状の刃をいくつも連ねた伸縮自在の鞭で、近接戦では絶大な威力を発揮した。こちらは電撃ではなく熱を発生させて破壊力を付加する。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(コズミック・イラ世界)では、グフイグナイテッドが両腕部に格闘戦用の鞭「スレイヤーウィップ」を装備している。スレイヤーウィップに高周波パルスを発生させ、絡め取った物体を物理的に破壊する事が可能になっている。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』(西暦世界)では、リボーンズガンダム及び、MAのエンプラスやレグナントが、敵に向かってワイヤーを飛ばし、そこから電撃を流して攻撃する「エグナーウィップ」を装備している。こちらの武装は海ヘビに近い。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。