Fandom


ミデアは、アニメ機動戦士ガンダム』に登場する架空の兵器地球連邦軍戦術輸送機である。

機体解説 編集

ミデア(もしくはミディア)は、一年戦争当時の地球連邦軍の物資輸送任務を担っていた輸送機である。ペイロード160tとかなりの物資を輸送することが可能で、VTOL機能も持つ為に滑走路の未整備な最前線への補給活動に最適な機体であった。

TVおよび劇場版『機動戦士ガンダム』、OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場するが、作品ごとにデザインが異なる(『0080』『0083』は同デザイン)。今のところそれぞれがミデアと呼ばれる別々の機種なのか、バリエーションであるのかの公式な設定は無い。ただし、小説版『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』の脚注に、「垂直離着陸が可能な輸送機の代名詞として、この名前が用いられることが多かった」とある。また、『0080』『0083』におけるミデアにはC-88という型式番号が割り振られており、このタイプをミデア後期型とする場合もある。

具体的な特徴としては脱着式専用コンテナを懸垂運搬したことによる荷役時間の短縮、後退角の少ない長大翼採用による短距離着陸性能の獲得、降着装置に低圧タイヤとダクトファンによるエアクッションを組み合わせたことによる不整地への着陸が可能である点が挙げられる。また、高翼配置である。武装はモデルによって差異はあるが、TV版に登場した型では機体各所に格納式の連装機関砲塔が数基あるのみで、その火力は自衛用の域を出るものではない。機体色はイエロー。

なお、この莫大なるペイロードによってモビルスーツも輸送可能であり、一年戦争末期にはモビルスーツ専用コンテナが開発され、空挺用MSの運用が可能になっている。『第08MS小隊』9話では、ガンダムEz81機、陸戦型ガンダム2機、74式ホバートラック1台を1機のミデアで輸送している。戦後にも輸送任務に従事している。

劇中での活躍 編集

地球連邦軍第136連隊のマチルダ・アジャン中尉が指揮する輸送部隊が運用していたことで有名である。

この部隊は、本来なら敵制空権下への強行輸送を考慮してない本機で、公国軍勢力圏内にあるホワイトベースへの補給を護衛なしで一度ならず敢行している。ただし、漫画版『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』では、コーウェン准将の管轄するMS部隊が中途まで護衛に就いている様子が確認されている。

TV版第23話では、大破着底したホワイトベースにGパーツを含めた補給物資を届けるミデア5機が登場している。その途中でマ・クベが差し向けたクリンク中尉率いるグフ+ドダイYS×3、ドップ9機からなるジオン軍部隊に襲撃された。密集隊形[1]を組み、できるだけ高度を低く取り、唯一の武装である機銃で応戦しつつ、ホワイトベースから派遣された救援と合流するまでしのぐ姿が描かれている。

全く戦闘向きではない本機であるが、黒い三連星ドム三機によるホワイトベースへの襲撃に際しては、修理中で動けないホワイトベースを援護するために出撃している。この際、照明弾を投下する等の支援活動を行うものの、ドムのジャイアント・バズーカが命中して1機が撃墜され、マチルダ・アジャン中尉の隊長機に至ってはガンダムが2度目のジェットストリームアタックで苦戦する中、機銃掃射をしながら割って入り、オルテガのドムへ体当たりを敢行して黒い三連星のチームワークを乱した。この行動でマチルダ隊はガンダムとホワイトベースを守り抜いたものの、隊長機はオルテガのドムにコクピットを叩き潰されて墜落。マチルダも戦死した。

『機動戦士ガンダム0080』では、第1話冒頭の舞台となる北極基地に駐機している。ハイゴッグのバイスクローでコクピットを潰された。

『第08MS小隊』では9話に登場し、アプサラス計画の開発拠点を捜索する第08小隊を輸送した。

『0083』では第3話に登場し、ジム・カスタム3機とジム・キャノンII2機、及びパイロット達をトリントン基地に輸送した。

同系機 編集

マディア 編集

PS2用ゲームソフト『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』に登場するゲームオリジナルのミデアの同系機。

機体色は白。ミサイルランチャーと対空機関砲を装備している。

備考 編集

本編のメカデザイナー、大河原邦男のデザインに、監督・富野由悠季からデザインラフという目に見える形での指示が入り始めた初期の機体である。大河原はそれまで連邦軍兵器は角張ったデザイン、ジオン軍は有機的曲線を持つデザインを心がけていたのだが、この曲線的なミデアのデザインラインが富野から提出されることで、かなり意識を変えることを強いられたと当時のアニメ誌で語っている。

脚注 編集

  1. 大型機が密集隊形を組んで敵戦闘機の襲撃に対抗するのは現実の大型機における防御の基本である。詳細はコンバットボックスを参照のこと。また、このときのジオン軍部隊も現実に大型機の編隊を攻撃する際の基本である端から順に撃墜していくという手順を行っている。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。