Fandom


作業用ザクII(さぎょうようザクツー、WORKING TYPE ZAKU II)は、アニメガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器または作業用機器。

本項ではジオン公国軍モビルスーツ (MS) ・ザクIIのバリエーションのうち、作業用の機体について解説する。

一般作業用ザク 編集

一般作業用ザクII (ZAKU WORKER) は、プラモデル企画『モビルスーツバリエーション (MSV)』で登場するMS(型式番号:MS-06W)。

一年戦争時、ジオン公国軍によってザクIIの登場で旧式化したザクIや、損傷し戦闘に使用できなくなったザクI・ザクIIを利用して急造されたリサイクル兵器。各部の装甲が撤去され、コクピットを建設作業車の操縦席に近い形に改修し、腕部に作業用ウインチや大型スコップを装備する。ただし現地での急造品のため、決まった仕様は存在せず、型式番号も便宜上のものである。戦闘用の装備は撤去されているため(使用可能な兵器は全て他の機体に回された)、戦闘力はないに等しい。

主に一年戦争中期からアジア西部やアフリカ戦線で運用され、作業用重機として前線での塹壕掘りやバリケード作成、トーチカの建設、補給物資の運搬、故障・損傷したMSなどの回収に用いられた。また、一部では再武装され実戦で使用された機体も存在すると言われる。

初出は雑誌「コミックボンボン」の模型改造企画記事。「MSV」シリーズで設定に組み込まれ、映像作品には未登場。当時ガンプラでの発売予定があったが実現せず、2006年に初期のガンプラをダウンサイジングした「ガンプラコレクション」第1弾で商品化された(この時、当時のガンプラをイメージしたボックスアートも新規にデザインされている)。

漫画『機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊』では、コロニーの破片を片腕で投げつけてミニ・トレーの主砲を破壊する、ジム・ストライカーと(文字通りの)格闘戦で互角に戦うなどの荒業を披露しており、通常機に匹敵するパワーがあることが判る(ただしオフィシャルではない)。

目次へ移動する

ザクタンク 編集

ザクタンク (ZAKU TANK) は、プラモデル企画『モビルスーツバリエーション (MSV)』、およびアニメ機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場するMS(型式番号:MS-06V)。

一年戦争時、ジオン公国軍によって前線で損傷した機体を組み合わせて急造されたリサイクル兵器。MS・ザクIIの上半身とマゼラアタックの車体部マゼラベースを使用し、両腕を簡易型マニピュレータに交換したもの。おもに運搬・建築・回収作業用として使用されるが、拠点防衛などの実戦にも投入されている。なお、マゼラベースのサイズを考えるとザクIIの上半身とサイズが合わないため、下半身の車体部はマゼラベースを参照してザクIIの大きさに合わせ新規に作成されたもの、という説も存在する[1]

現地生産のため決まった仕様はなく、様々なバリエーションが存在したとされるが、一般的に知られるザクタンクはアフリカ戦線で確認された「サンドシープ」の愛称を持つ機体である。基本的に武装は貧弱で車体の3連装機銃だけであるが、実戦投入された機体の中には武装強化されたものもあった。

初出は雑誌「コミックボンボン」の模型改造企画記事。後に「MSV」シリーズとしてプラモデル化され、『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダム第08MS小隊』のアニメ本編に登場することで、公式の存在となった。

劇中での活躍
『機動戦士Ζガンダム』第12話で、ジャブロー基地で作業任務をしているシーンで登場した。
『機動戦士ガンダムΖΖ』第41話で、スタンパ・ハロイ所有の機体として登場した。スタンパ邸を脱出するジュドー・アーシタ達を2機が追いかけていたが、内1機はビーチャ・オーレグが搭乗したΖガンダムに踏み台にされ中破した。
『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』第5話で、ジオン軍に捕まったエレドア・マシスとミケル・ニノリッチがザクタンクを乗っ取って逃げようとする。この機体はザクIを再利用したもので、機銃もなく非武装だが、両腕が大型のクレーンアームに換装されており、車体前面にドーザープレート、アーム後方にカウンターウエイトを装備するなど、工事用建機としての特徴がより強く現れている。
小説『機動戦士ガンダムUC』ではモーリタニアに潜伏していたジオン軍残党の機体がガランシェールの引き起こしの為に使われている。

マイナーバージョン 編集

グリーンマカク (MS-06V-6)
密林を伐採し、進路を啓開するための機体。その名の通り緑色に塗装されており、アームの形状が異なる。車体部には機関砲の代わりに対車両用のミサイルポッドを装備可能。後述のゲーム作品では、180mmキャノン砲を装備したものも登場した。主に東南アジアのボルネオ戦線で使用。
ザクタンク(キャノン砲仕様)
ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』シリーズに登場。MS-06K ザクキャノンの上半身(またはバックパックのみ)を再利用した機体。
ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』では、作業用のザクタンクに180mmキャノン砲を再装備したものという設定になっている。なお、ゲームの仕様上、機体底部にはブースターが装備され高速移動やブーストジャンプが可能となっている。
ヤークトザク
ホビージャパン刊『タクティクス別冊GUNDAMGAMES』に掲載された火力支援型ザクタンク。
マニピュレーターは通常型で大型の203mm対MSライフルを携帯。パックパックにはM4シャーマンカリオペ式に24連装240mmロケットランチャーを背負っている。自走砲的運用がなされ、火器の反動を支える為に車体後部には駐鋤を装備している。設定ではハノーヴァーの第28装甲擲弾兵師団、第42対MS駆逐大隊に所属しているとされ、機名は直訳すると「猟兵ザク」となる。但し、本機はサンライズの公式設定ではない。
MS BOYS(エムエスボーイズ)
漫画『機動戦士ガンダムMS BOYS -ボクたちのジオン独立戦争-』に登場するザクタンク。
頻繁に改修強化されており、当初はMS-06WとMS-06Vの再利用から始まり、のちにMS-06KやMS-06GRなどのパーツを用いて改修されるなど時期によって形状が異なる。愛称である「MS BOYS」も改修されていく様が成長する少年のようであり、実際の搭乗者も2人の少年兵であったことに由来している。

目次へ移動する

ザクマインレイヤー 編集

ザクマインレイヤーは、プラモデル企画『モビルスーツバリエーション (MSV)』に登場するMS。量産型ザクII(F型)のバリエーションの1種である。

一年戦争時にザクIIの背部バックパックを機雷(ハイドポンプ)射出機とスラスターを装備した大型バックパックに換装したタイプである。機雷散布を目的とした機体であり、プロペラントの増積により通常のMS-06Fの5倍の行動時間を有する一方、大型の散布用バックパックの重量により運動性能は鈍重となっている。頭部ユニットとバックパックがケーブルで直結していて、通信機能は指揮官機なみに強化されている。型式番号はMS-06Fのままとなっている。

大戦初期には連邦軍艦艇に大きな被害を与えていたが、大戦後半にジムが登場すると鈍重な当機の被害は次第に大きくなっていき、活動範囲が狭められていった。

プラモデル化された際は、バックパックを換装すればノーマルザクとなり、さらにプロポーションの改善や旧キットでは省略されていた股関節開閉や足首の可動などが実現していた事から「ザクのリニューアルキット」として歓迎された。後に当キットをベースに06Rの携帯武装を付属した、シャア専用ザクのスペシャルキットがキャンペーン用の景品としてガンプラ購入者に店頭での抽選の当選者に配られたこともある。明確なリニューアルキットとしてはHGガンダム以前に存在したガンプラとして初めてのキット(一般販売ではないが)でもある。マスターグレードでもザクVer.2.0のバリエーションキットとして発売されている。

目次へ移動する

マニピュレイションシステム装着型MS-06(ザクII) 編集

マニピュレイションシステム装着型MS-06(ザクII) (SUB MANIPULATION SYSTEM SET UP TYPE MS-06) は、雑誌「B-CLUB」66号(1991年5月発行)に登場する作業用機器。正規の型式番号は不明だが便宜的にMS-06MPと呼称されている。

一年戦争末期、宇宙空間での作業用に既存のザクIIと作業用ポッドを組み合わせて開発された。

ランドセル部分から4本のマニピュレーターが(2本は肩の上、2本は脇の下を通って)前に突き出している。マニピュレーターはザクII本来の腕より長いが華奢で指の数も少なく(上のマニピュレーターは指2本、下のは3本)、精密作業専用とされている。2人乗りで、マニピュレーター操作員は胸部(イラストでは左胸だが、説明文には右胸と書かれている)から張り出して設けられた、ユンボの運転席のような窓の付いたボックスに入り、目視しながら操作する。

生産数はわずか3〜4機しかなく、全機がソーラ・レイの改造作業に投入されている。

目次へ移動する

ザク・トレーナー(訓練用ザクII)編集

ザク・トレーナー (ZAKU TRAINER) は、プラモデル企画『モビルスーツバリエーション (MSV)』に登場するMS。教習訓練用とも呼称される(型式番号:MS-06T)。

ジオン軍における新兵器MSに新兵を慣らさせるべく、最も量産されたザクII(のちにC型からの改造機と設定変更される)を改造し練習機としたもの。初出は書籍「ガンダムセンチュリー」。機体の改造に関しては、コクピットを複座式に改造し垂直に二連のモノアイレールを設置した説と、コクピットの複座化のみを改造点とする説[2]と別れ、デザイン画も描かれなかった。そのため、ガンプラブーム期には、モデラーなりの解釈を加えた改造モデルが多く製作された。

その後、ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』において、F型を改造した設定でザク・トレーナータイプという名称で登場。特色として胸部にモノアイと固定バルカン砲を装備したボディユニットを組み込んでいることが挙げられる。また、連邦軍MSとの戦闘を考慮して機体各部に発光バンパーが装着され、機体を遮蔽物に隠す訓練に使用された。シルエットはF型とさほどの相違はないが、肩スパイクは排されている。

目次へ移動する

出典 編集

  1. 『GUNDAMGAME』内のヤークトザクの解説では「当初から戦闘用として製造された車体で、廃品利用ではない」との記述もある。
  2. 講談社の書籍「モビルスーツバリエーション」より。

関連項目 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。