Fandom


志村 新八(しむら しんぱち)は、空知英秋作の漫画銀魂』に登場する架空の人物で、本作の準主人公。アニメ版の声優は阪口大助

プロフィール 編集

  • 身長:166cm
  • 体重:55kg
  • 8月12日生まれ
  • 年齢:16歳

人物 編集

侍魂を学ぼうと銀時の元で働く、眼鏡をかけた一見気弱そうで地味な少年。登場人物の中では貴重なツッコミ担当。通称は「ぱっつあん」、女装時の名称は「パチ恵」(その時の髪型はおさげだが、吉原炎上篇では前髪を結んでいるだけ)。一人称は基本的に「僕」で敬語を使うが、たまに「俺」になることがある。作中のあらゆるキャラのベースとなっている[1]

非凡な人間が多い環境のせいで、自身の存在を忘れられたり、「ダメガネ」(「駄目なメガネ」の略)や「ヘタレ」などと揶揄される存在。最近では普段かけているメガネの方が新八の本体だと周囲から認識される有様(魂を抜かれた際も、彼の魂だけは眼鏡を掛けていた)。しかし、数少ない常識人としてのツッコミを入れる能力に長けており、銀時達も重要視している。しかし、最近は自身がボケ役になることが多い。

名前のモデルは、新選組の二番隊組長を勤めた剣客・永倉新八芸能人志村けんより。

性格 編集

基本的に純粋で優しく、誠実な心の持ち主だが、万事屋の他の二人と一緒に悪ノリをする事もある。作中では語り部になることも多い。万事屋の面々の中では一番常識人なので依頼人の交渉にあたる事も多い。普段は礼儀正しい少年であるが、ツッコミに関しては容赦がない。

観察・洞察力は優れており、寺門通OFC篇ではポケットにタバコを入れていることや口調などから、土方がトッシーに支配されている振りをしていることを見抜いた。機転も利くらしく、芙蓉篇では大勢のからくりに襲われながらも、たまのデータの中枢部分のみを源外に渡す等の活躍も見せた。

姉であるお妙が極度の料理下手ということもあり、家事全般を一通りこなす事ができる。

身体能力 編集

実家が「恒道館」という剣術道場で幼い頃から修行していた為、剣術の腕前はなかなか高い。不意打ちとはいえ、真剣で紅桜ごと似蔵の片腕を斬り落とし、銀時の窮地を救った事もあった。柳生篇では実力差は否めないものの九兵衛と善戦を繰り広げた他、銀時と協力して柳生一族最強の腕前を持つ敏木斎を仕留めた事もある。竜宮城では一般人の戦闘力が360K(1Kにつき昆布1枚分の戦闘力)なのに対し、362Kと一般人より昆布2枚分強いことが判明している(ただし亀梨と絡めたネタである可能性もあり、本当にその程度かは不明。事実、長谷川に至ってはサングラス以外が1Kだった)。その傍らで真剣での勝負は経験が不足している。

腕力も高く、紅桜編では磔にされた神楽を丸太ごと抱えて全力で逃走したり、吉原炎上編では阿伏兎を圧倒した暴走状態の神楽を素手で食い止めている。

鼻フックが得意技で応用技も多い。

極度な近視ではなくメガネが無くても行動出来ない訳ではないが、対戦などでは掛けていた方が実力が出せるようである。

吉原炎上篇での阿伏兎との戦いを機に神楽と共に今以上に強くなる事を決意し、二人で修行に励んでいる。その甲斐あってか、かぶき町四天王篇では神楽とともに『夜叉の童(おにのこ)』と称され、一個小隊に匹敵するという異例の高評価を受けた。その強さは、かぶき町四天王の一人である次郎長の娘・泥水平子を一撃のもとに斬り伏せるほどにまで成長した。

以上の通り、他の主要人物らが人間離れした実力を持っているだけで、新八自身の戦闘力は作中でも決して低くないと思われる。また、この事は銀時の口からも言われている。

人間関係 編集

銀時の言動に突っ込みを入れつつ、銀時の最高の理解者でもあり、基本的に尊敬している。銀時も「やればできる子」と評し、一人の侍として実力を認めている。神楽からは「産まれ立ての仔馬より弱っちい」など貶されているが、仲間意識は強い。

姉であるお妙と実家で二人暮しをしており、女手一つで育ててくれたお妙を慕いつつ、お妙の怒り狂う姿を恐れている。しかし本人もキレると姉同様感情を剥き出しにして暴走する傾向がある。姉思い故に「シスコン」呼ばわりされており、本人も自覚している。しかし同時に、その姉のことを「結婚は無理」と冷静な判断もしている。

アイドル寺門通親衛隊隊長(ファンクラブ会長)を務めている。追っかけ時は普段と違い非常に熱血漢。しかし生来のアイドルオタクではなく、お通には下積みの時代にその歌で勇気を貰っており、感謝の念を持っているという特別な意味もある。一方で自身はかなりの音痴。しかし歌っていると気持ちいいらしく音痴を曝け出しても気にしていない様子。但し、柳生九兵衛の誕生会では少しだけ歌った直後に周りの客に変な目で見られていることを気にしつつも、銀時に注意されることとなった。

近藤や暴走族「舞流独愚(ぶるどっぐ)」の総長に見込まれるほどの強靭な根性を持っている。近藤から次期真選組局長候補として見込まれるほどである。

真選組とは、特に山崎との接点が多く、共に地味キャラとして、励ましあっている。近藤とはお妙絡みの接点が多く、次期真選組局長候補として見込まれているのもそれが一つの要因と思われる(もちろんそれを実際に口にする直前に新八の強さを見たことも大きいと思われるが)。また、義兄の座を狙い、「第46条 万事屋憎むべし しかし新八君にだけは優しくすべし」という法度を後に追加したことについては「気持ち悪い」と言っている他、近藤の事を軽蔑していたりする描写も見られる。沖田ともそれほど関係は悪くなく、神楽と違って(新八の敵意のない人柄もあるが)簡単に助け合える関係であり、悪役を演じてもらったことすらある。その他土方含め、真選組隊員とも、近藤の存在もあり、関係はとりあえず悪くはない様子。

寺子屋に通っていた頃に高屋八兵衛と友人となるが、ある事件が原因で疎遠になる。その後舞流独愚に加入した彼を更生させ、和解した。

過去 編集

母は新八を産んだ後にすぐ他界し、父は幼少の頃に病死。父親の死後、金貸しの社長に人身売買されそうになるが、お妙の幼馴染であった柳生九兵衛に助けられた。眼鏡を掛けているのは幼い頃からお妙の“かわいそうな卵”を食べさせられ続けた結果目が悪くなったかららしい。寺子屋に通っていたが、父の借金のせいで中退している。フリーターだった頃、己に自信をなくしかけていた時にまだインディーズだったお通と出会っており、懸命に歌う彼女の姿に心を打たれた。この出会いが切っ掛けで新八はお通のファンとなり、お通親衛隊の隊長となった。

3年Z組銀八先生 編集

ここでもメガネ、ツッコミ担当。アニメでのおまけなどでは彼の一言で終わる形式となっている。寺門通の親衛隊隊長を勤める事などは変わらず。何だかんだ言いながらも担任である銀八を尊敬している。席は教卓の前で、右隣が桂、後ろが土方(アニメより)。

初期設定 編集

名前は永倉新八(ながくらしんぱち)。没デザインは眼鏡を掛けていない活発な雰囲気の少年。田舎から上京し、初期設定の近藤と知り合い真選組に所属する。没になった設定でも準主人公的存在のようだった。

金魂 編集

銀魂のセルフパロディである「金魂」での新八は生まれつきケツ顎で(名前も「ケツ顎新八」)、かぶき町ナンバーワンの和製ホストだったが、外国製ホストの台頭と共にその地位を失っていた。坂田金時同様、中国系マフィアの女ボスである神楽に拾われる。

ゲーム 編集

  • 万事屋大騒動!』では、アクションステージで彼を使う際には初めは体力がひとつしかないものの、恒道館道場でミニゲームをクリアすると体力を最大5つまで上げることが出来る。なお、必殺技を使うと衝撃波を出すことが可能。また、通常攻撃の速度はプレイヤーキャラ中最も遅い上級者向けのキャラと言える。
  • 銀玉くえすと』では、最終奥義で自分の音痴さを利用した「ゴッドボイス」という技がある。しかし、味方にもダメージを与えてしまうというリスクがある。

恒道館 編集

新八とお妙の実家である剣術道場。流派は「天堂無心流」。現在は廃刀令の煽りで門下がいなくなり、現在は新八が当主、お妙が門下ということになっている。しかし実権はやはり姉のお妙が握っており住居を勝手に要塞に改造するなど奇行な面も多く、お妙のストーカーである近藤の撃退や負傷した銀時の保護(実態は拉致、拘束)の為に敷地内にもかなりのトラップが仕掛けられている他、対ストーカー用レーザー搭載人工衛星「SOL(ストーカー・おしおき・レーザー)」を所有している。

寺門通親衛隊 編集

新八が隊長を務めるお通のファンクラブ。お通が芸能界で干されようとも、様々な路線に走ろうとも一途に「お通命」を貫き続ける精神を持つ。お通が全国的なアイドルになったこともあり、規模は大きい。親衛隊には「軍曹」などといった称号を持つ幹部が何人か存在する。99ヶ条に及ぶ隊員法度なるものも存在し、破った者は隊長である新八により「鼻フックデストロイヤー」(この技を繰り出すときの新八の顔は劇画調になる)などの厳罰な刑に処される(しかし、新八自身も隊員法度を二度も破っている)。現在は高屋八兵衛も加入している。会員ナンバー49は食恋族という(神楽曰く)変態天人であった。

「8」の因縁 編集

名前の通り、「8」という数字には縁があり、上記のように誕生日も8月、人気投票に至っては仮にも準主人公という立場にもかかわらず第一回、二回、第三回の全てで8位だった(そのため原作者からは「新八、奇跡だね!」などと言われている)。そのため、銀時や神楽からは度々「そんなだから、新一じゃなくて新八なんだよ」などと言われていることが多々あるが、本人は人気投票の8位が新八の「八」だと言い切った。大江戸戦隊ギンタマンでも、アニメでは彼の元ネタであるぱっつぁんが着ている服にも8の数字がある。

その他 編集

ジャンプフェスタ2005では『BLEACH』の石田雨竜の衣装(滅却師の伝統衣装)を着たことがあった。

アニメ版で新八を演じている阪口は、作者の空知英秋に『リアル新八』と言われており[2]、ドラマCD等において阪口も自称している。

関連項目 編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ
  1. 単行本15巻質問コーナーより。
  2. ジャンプフェスタ2008メッセージより。
en:List of Gin Tama characters#Shinpachi Shimura

th:ชิมูระ ชินปาจิ

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。