Fandom


機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画
漫画
作者 Ark Performance
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
発表期間 2007年10月号 - 2010年3月号
巻数 全4巻
機動戦士ガンダム
光芒のア・バオア・クー
漫画
作者 Ark Performance
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
巻数 全1巻
テンプレート使用方法 ノート

機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』(きどうせんしガンダム ギレンあんさつけいかく)は、Ark Performance漫画作品。原作は富野由悠季。原案は矢立肇。全4巻。

本項では、「ガンダムエース」誌に連載された同作者の漫画『機動戦士ガンダム 光芒のア・バオア・クー』も併せて記述する。

概要 編集

角川書店の漫画雑誌「ガンダムエース」にて2007年10月号から2010年3月号にかけて連載された。アニメ『機動戦士ガンダム』の舞台である一年戦争末期、ジオン公国総帥ギレン・ザビ暗殺計画が存在した、という設定の下に、陰謀に関わった人々、当時のジオンの状況などを、終戦後ジオン本国に入った連邦軍の調査で発見された極秘資料、及び記録映像等を元に再構成したドキュメンタリー映像の形式で描く。

終戦直前の敗色濃厚な状況であること、ギレンが本編作中「ヒトラー尻尾」と揶揄されていること、暗殺にジオン公国幹部が関与していること、計画メンバーが古エッダの名称(ワルキューレの名前など)をコードネームにしていること、傷痍軍人が登場することなどから、「ヒトラー暗殺計画事件」をプロットの下敷きにしていることが窺われる。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

宇宙世紀0079年12月、サイド3で発生した要人爆殺テロ事件を捜査するジオン国家公安部捜査官レオポルド・フィーゼラーは、総帥府勤務の幼馴染みエリース・アン・フィネガンに呼び出され、謎のメモリーディスクを手渡される。その中身は彼が追う爆破テロ事件の計画と関連データであった。そして、その要人暗殺リストの最後にはジオン公国総帥ギレン・ザビの名前があった。

登場人物 編集

レオポルド・フィーゼラー
主人公。ジオン公国国家公安部1課所属の捜査官。
元はMSパイロット志願であったが適正試験で撥ねられており、ジオニック社創設の功労者であった祖父のコネによって入庁。出世欲が薄く目立つことを嫌い、自ら望む形で窓際的立場に追いやられる。要人暗殺連続爆破テロ事件の捜査担当になるが、事件解決の見込みが低いせいか、内心では責任を押し付けられるものと思っている。
戦後はジオン共和国下院議員となった。
エリース・アン・フィネガン
ジオン総帥府勤務のエリート。レオポルドとは幼馴染みで妹のような存在であり、「お兄ちゃん」と呼んで慕っている。勤務先での態度は有能で怜悧な印象をもたせるが、レオポルドの前ではひどく子どもっぽい態度をとる。偶然盗み見てしまった極秘ファイルの入ったメモリーディスクの処理に困り、レオポルドに相談を持ちかける。
戦後はジオン共和国下院議員となったレオポルドの秘書官長として、フィーゼラー家を盛り立てた。
ランス・ガーフィールド
ジオン公国軍中佐。レオポルドのかつての教官であり、MS適正試験において彼を不合格にした張本人。
元はMSパイロットであったが、オデッサ戦で負傷し右腕を失ったために前線を外され、現在サイド3首都防衛大隊に所属しており第一中隊長、大隊長不在時の指揮官代理も務める。片腕でも操縦できるように操縦系統を改良した白いグフカスタム“ヴァイス・ローゼ”を愛機としており、片腕でも充分エースとして通用する程の腕前を持つ。総帥暗殺を目論む組織「ワルキューレ」に所属しており、組織内のコードネームは“フリスト”。
アンリ・シュレッサー
ジオン公国軍准将。戦傷兵で構成されたサイド3首都防衛大隊を率いる。元はサイド3に駐留した地球連邦軍将校で、ジオン・ズム・ダイクンの思想に共感し招聘される。「ワルキューレ」の中心人物で“ヘルフィヨトル”のコードネームを持つ。首都防衛大隊と首都防衛師団を使いザビ家に対しクーデターを仕掛ける。
一年戦争終結直後、臨時政府の停戦協定に調印し、反乱の首謀者として即日出頭。軍法会議により極刑判決を受けるが、ジオン共和国復興の特赦により終身刑となった。
デイビット・シラー
元ジオン公国国家公安部捜査官。宇宙世紀0078年に発生した総帥暗殺未遂事件を捜査を担当していたが、独立戦争開戦直前に失踪。
いち早く真相に辿り着くが、ギレンに拉致されサイド6に隠遁させられる。その後は、秘匿回線を使用してチェス対局などギレンの話相手となっていた。戦後は失踪する。
マリオ・アンティネスク
ジオニック社の元科学者。「ワルキューレ」の一員で“ゲンドゥル”のコードネームを持つ。自宅で何者かに殺害されていた。
ギレン・ザビ
ジオン公国総帥。「ワルキューレ」の標的。
キシリア・ザビ
ジオン軍突撃機動軍司令官でギレンの妹。突撃機動軍の本拠地であるグラナダ建て直しの時間を稼ぐため密かにアンリに使者を送って接触を図っている。
セシリア・アイリーン
ギレンの秘書でエリースの上司である。公安のシラーとは士官学校の同期で共にアンリの下で学んでいた。
ギレン統治によるジオン公国の安泰のため“レギンレイヴ”として「ワルキューレ」を裏から操り、反ギレン派の一掃とギレンと対立していたキシリアの逮捕を画策。首都防衛大隊のクーデターを手引きするが、ア・バオア・クー戦終結直後に真相が露見したため拘束され、連邦軍に身柄を引き渡された。
ダルシア・バハロ
ジオン公国首相。公王デギン・ザビの意を受けて連邦との和平交渉のために月へ向かい、和平と共和国自治権獲得に成功した。
オレグ
ジオン公国副首相。ダルシア首相不在間の最高位者としてア・バオア・クー陥落後に臨時政府を率いて親衛隊の武装解除と首都防衛大隊との停戦を成立させた。
ギレン親衛隊
エリック・マンスフィールド
モビルスーツバリエーション』に登場するキャラクター。親衛隊隊長。後事をフィーリウスらに任せ、ア・バオア・クーへ赴く。
フィーリウス・ストリーム
ペズンから招聘された若年のパイロット。ザビ家に近い血筋とされており、エリック・マンスフィールドも認めているパイロット技量の持ち主。首都防衛大隊の挙兵に対抗するためガルバルディに搭乗するが、クーデター側のランス・ガーフィールドに完敗する。
戦後はレオポルドの助力により、部下のバネッサ・バーミリオンとガイウス・ゼメラと共にアナハイム・エレクトロニクス社のテストパイロットとなり、グリプス戦役ではカラバを経て連邦軍所属となった。

用語 編集

ワルキューレ
ギレン総帥暗殺を目論む秘密結社的組織の1つ。ネットワークを介して定期的に会合を開いており、“レギンレイヴ”によって統率されている。
レギンレイヴ
「ワルキューレ」の統率者的存在と目されている。ギレンの行動スケジュールを示唆し、ギレンや高級官僚の暗殺計画をけしかける。ジオン公国の台頭にも関与したと思われる謎の人物とされているが、元はザビ家が裏工作に使うコードネームで、ジオン公国建国の前後にはレオポルドの祖父ホト・フィーゼラーが“レギンレイヴ”として政治工作に利用、0079年現在は総帥府の管理下に移り、セシリアが反ギレン派を一掃するために利用した。

登場兵器 編集

サイド3首都防衛大隊
ギレン親衛隊

テンプレート:ネタバレ終了

単行本 編集

機動戦士ガンダム 光芒のア・バオア・クー 編集

機動戦士ガンダム 光芒のア・バオア・クー』(きどうせんしガンダム こうぼうのア・バオア・クー)は、Ark Performanceの漫画作品。原作は矢立肇、原案は富野由悠季。「ガンダムエーススペシャル Vol.3 ガンダムエース2月号増刊」から「月刊ガンダムエース」2010年12月号にかけて不定期に連載された。

一年戦争の最終決戦場である宇宙要塞ア・バオア・クーでの戦いに参加した、連邦軍とジオン軍の兵士および関係者からのインタビューを基に、ドキュメンタリー映像の形式で描いた物語。また、同作者の『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』のキャラクターの登場や物語の裏側を補足する描写など関連性は深く、実質的な外伝作品といえる。

テンプレート:ネタバレ

登場人物 編集

ユーイチ・アサイ
第1話に登場。連邦軍第142補給大隊所属の曹長で補給・補修用ボールのパイロットとしてア・バオア・クー戦に参加。空母ドロスの最後を目撃する。
アントニオ・レツィア
第2話に登場。地球撤退までランス・ガーフィールド少佐指揮下のジオン軍第4親衛旅団第5MS中隊でのエンジニアだった。宇宙に上がりソロモン戦の後、ア・バオア・クーに配属。司令部付き伝令として行動中にキシリアによるギレン殺害の現場に立ち会う。その後、ギレンの遺体を搬送した後に降伏、捕虜となった。
コルバド・ストルツ
第3話に登場。ジオン軍第224MS小隊所属のMSパイロット。学徒兵として召集されア・バオア・クーに送られた。乗機のゲルググガンダムに撃破され、その後デラーズ・フリートからアクシズ、その後エゥーゴの諜報員として活躍したのちに連邦軍に移籍し退役。戦史作家として活動している。学徒兵時代の友人「アルバート・ベル」はザクIIに乗り、ガンダムに撃破され戦死。
オラース・エーメ
第4話に登場。ジオン軍第67医療大隊第4中隊指揮官で中尉。オデッサから転属後、「真空用医療パック」の扱いを習得したのちにア・バオア・クー戦に参加。ホワイトベースと交戦した陸戦隊の救命活動を行っており、その最後を目撃した。その後、その経験を生かし真空無重力空間での救命医療のスペシャリストとなった。
ノーマン・デミトリス
第5話に登場。「ジオン亡命者共同連合」主幹。子弟が編成した「亡命部隊」がソーラ・レイ・システムにより全滅する直前までを語る。
グレッグ・ダグラス
第6話に登場。連邦軍第44MS戦隊所属の少尉でジムのパイロット。ア・バオア・クー戦を最後に姿を消したジオン突撃機動軍特別編成大隊「キマイラ」を最後に目撃した人物。目撃談の続きを一週間後の同時刻にする予定だったが、このインタビューの4日後に急逝し、FSSとのインタビューはこれが最初で最後となった。突然の死に暗殺された可能性がある。

用語 編集

真空用医療パック
ジオン公国が開発しア・バオア・クー戦で実戦配備した医療用器具。格納時はスーツケース状だが展開すると特殊樹脂によるエアバッグとなり、患者を内部に格納した後に8個の気密弁から手を入れて治療を行う。必要に応じて壁面にベルトで固定したり、ワイヤーで連結して移送することが可能。後に連邦軍もこのパックの優位性を認め自軍に採用した。
ジオン亡命者共同連合
ルウム戦役直後にジオン公国から亡命した人々を中心とした民間組織。連邦のプロパガンダに協力し、オデッサ戦後に「亡命部隊」を編成。主戦場が宇宙になると、亡命時に使用したムサイ級3隻による「亡命艦隊」としてレビル将軍座乗艦「フェーベ」の護衛に付いたが、ソーラ・レイ・システムにより消滅する。
キマイラ
ジオン突撃機動軍特別編成大隊。エースパイロットのみで編成されたエリート部隊という触れ込みだがプロパガンダで使用された記録には信頼性がなく、部隊の実情を証言できる人間がほとんどいないため謎の部隊とされている。

テンプレート:ネタバレ終了

単行本 編集

関連項目 編集

テンプレート:Manga-stub
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。