Fandom


機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
ゲーム
ゲームジャンル シミュレーションロールプレイングゲーム
対応機種 スーパーファミコン
発売元 バンダイ
キャラクターデザイン 川元利浩(ゲームオリジナルのみ)
プレイ人数 1人
発売日 1995年2月10日
販売価格 ¥9,800
エンディング数 2
セーブファイル数 3
テンプレート使用方法 ノート

機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』(きどうせんしガンダム クロスディメンション ダブルオーセブンティナイン)は、1995年2月10日バンダイが発売したスーパーファミコン用のウォー・シミュレーションゲームシミュレーションロールプレイングゲーム)。

概要 編集

本作は、テレビアニメ及び劇場用アニメ『機動戦士ガンダム』を再現した本編(全14話)と、本編をクリアすると追加されるゲームオリジナル・ストーリー「死にゆく者たちへの祈り」(全6話)がプレイ出来るようになっている。

「死にゆく者たちへの祈り」では『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』と同じく、アニメ本編でメカニックデザインを担当した大河原邦男による新規デザインのモビルスーツと、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』や『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の川元利浩によってデザインされたキャラクターが登場し、ガンダム世界全体の幅を広げることとなった。この流れが後にゲームオリジナルストーリーガンダム作品である「機動戦士ガンダム外伝」シリーズへと繋がることになる。

以降は、便宜的に本編を第1部、「死にゆく者たちへの祈り」を第2部と記述する。

ゲームシステム 編集

本ゲームはシミュレーションゲームとしては珍しいシステムが多い。ローグライクゲームに通ずる点もある。

  • ミノフスキー粒子の影響で有視界下における戦闘を余儀なくされるという原作の設定をゲーム用にアレンジし、味方機の有視界下、つまり前方にいてそれほど離れていない敵でないと居場所を確認することが出来ない。ただし、熱源探知レーダーにより敵がいる方向のみ分かる。このため、一度移動を選択するとキャンセルすることが出来ない。更に言うと、熱源探知レーダーはそのターンに行動している敵にしか反応しない。
  • 敵のステータスは一切表示されない。ダメージ量の他はグラフィックから武装を判断できる程度である。
  • ガンダムは、白兵戦時に対戦型格闘ゲームのように十字キーを入力することで必殺技を使うことが出来る。
  • ヒットポイントに相当するエネルギーは、ダメージや移動で減少する。そのためエネルギーが0になると移動できなくなり、マイナスになると撃破される。
  • 支援機に援護を要請することで、縦長に広範囲を攻撃できる。しかし、前述の通り敵の位置が確認できないので利用が難しい。一度援護を行うと暫くの間は使用できなくなる。
  • レベルを上げることでプライムポイント(能力値)を獲得できる。プライムポイントは出撃前とレベル上昇時に自由に何度でも振り分け直せるので、まずは格闘戦に特化しのちに射撃戦タイプに変更、といったことも可能である。プライムポイントの配分で砲撃銃や必殺技が変わる。敵モビルスーツもそれぞれプライムポイントを配分しているらしく、終盤になると、格闘防御または射撃防御の一方にプライムポイントを配分しているのか、一方の攻撃が極端に効かない者が出てくる。

特殊攻撃(必殺技) 編集

白兵戦と銃攻撃の2種類があり、いくつかは敵機も使用する。特殊攻撃と通常の銃攻撃は移動前でないと使用できないが、敵機は移動後にも使用する場合がある。

白兵戦 編集

十字キーを入力することで使える。一定回数以上使用して記憶率が100%になるとATACKコマンドを選んだ際に表示されるようになる。

NORMAL
特殊攻撃ではなく通常の攻撃。ビームサーベル、またはビームダガーで1回斬りつける。
Wアタック
ガンダムは右手に持ったビームサーベルを2回振り下ろして攻撃。本ゲームのガンダムは一刀流。
ピクシーは両手に持ったビームダガーで、右・左と交互に斬りつけて攻撃。
スプラッシュA
ガンダムのみの必殺技。バルカンを放った後、ビームサーベルで斬りつける。
Jアタック
上空にジャンプして、上段からビームサーベルまたはビームダガーで斬りつけて攻撃。
J・Wアタック
ジャンプして上空から斬りつけ、着地後さらにもう1回攻撃。
クロスレンジA
ガンダムのみの必殺技。バルカンを放った後、ビームサーベルで3回斬りつける。
T.Sアタック
ピクシーのみの必殺技。ビームダガーで右・左と斬りつけた後、上段から振り下ろす。
ノーザンライトA
ピクシーのみの必殺技。ビームダガーで4回交互に斬りつけた後、上段から振り下ろす。

銃攻撃 編集

銃攻撃を行うには特殊弾丸が必要。下段に書いた技ほどより多くの特殊弾丸を消費する。

NORMAL
特殊攻撃ではなく通常の攻撃。2×2マスの範囲に攻撃を行う。
ピンポイント
1マスに限定した範囲に攻撃。連続で4回ダメージを与える。合計攻撃回数は通常攻撃と同じなのだが、弾丸消費量は通常攻撃より多い。
Gピンポイント
ピンポイントに加え、敵を吹き飛ばすことが出来る。ガンキャノン、ガンタンクが使える特殊攻撃。
1T2A
1ターン内に2ヶ所のターゲットを撃てる。範囲は通常攻撃と同じ。
1T3A
1ターン内に3ヶ所のターゲットを撃てる。範囲は通常攻撃と同じ。
サイコミュ
1ターン内に6ヶ所のターゲットを撃てる。範囲は通常攻撃と同じ。ガンダム専用技。ただし、ガンダムにサイコミュシステムは搭載されてはいない。

敵専用 編集

名称は攻略本より。

ラルアタック
火炎放射器を装備したザクIIとグフが使用。同様、まずヒートホークまたはフィンガーバルカンで攻撃した後に1マス後退し、火炎放射器またはヒートロッドで攻撃する。名称はグフのパイロットとして有名な「ランバ・ラル」と思われる。
ライデンA
格闘武器による縦横交互の3回連続攻撃。モビルスーツバリエーションの登場人物である「ジョニー・ライデン」から取った名称なのかは不明。
Fアタック
格闘武器による4回連続振り下ろし攻撃。
バタシャムA
格闘武器による縦横交互の8回連続攻撃。バタシャムとは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するリック・ドムのパイロット。
ウルフ1
イフリートのみの必殺技。ヒートサーベルによる3回攻撃。
ウルフ2
イフリートのみの必殺技。ヒートサーベルによる6回攻撃。

第1部 編集

特徴 編集

アニメ『機動戦士ガンダム』のダイジェスト版といった趣になっている。ガルマが初登場した時点で、シャアにとってザビ家は父の仇だと説明が入る、ア・バオア・クーが最終目的地と明言されるといった、原作アニメを知らないプレイヤーに対する配慮(改変)も見られるが、登場人物の出会いや登場時期を大きく省いている箇所も多い。特に原作同様、物語終盤でアムロとシャアがザビ家について意見を言うシーンがあるが、肝心のザビ家についての説明が不足しており、ギレンに至っては名前すら登場しない。

この事について書籍『B-CLUB』113号に掲載されたゲームデザイナーへのインタビューによれば、アニメを知らないユーザーも楽しめるように考慮した結果、劇場版の機動戦士ガンダムはテレビ版を忠実に再現しているわけではないが、テレビ版を知らなくても物語が理解できると気付き、同じように作ってみた。いうなれば、本作品はゲーム版の機動戦士ガンダムであると語っている。また、ビジュアルシーンのカメラ位置が原作とは異なるのは意図したものであり、原作のBGMが使用されていないのは、ノスタルジーだけで作品を作りたくなかったためと語っている。

シナリオ 編集

  1. ガンダム、大地に立つ!
  2. 強襲!赤い彗星
  3. 大気圏突入
  4. 翔べ!ガンダム
  5. ガルマ 散る
  6. ランバ・ラル特攻
  7. 突撃! 黒い三連星
  8. 復活のシャア
  9. 強行突破作戦
  10. コンスコン強襲
  11. ソロモン攻略戦
  12. 光る宇宙
  13. 宇宙要塞ア・バオア・クー
  14. 脱出

登場人物 編集

ゲームの仕様上、アニメ本編との変更点や矛盾点が多いのが特徴だが、ここでは割愛する。

登場モビルスーツ 編集

ガンダム
アムロ機。初期装備はビームサーベルとバルカン。プライムポイントを配分することで、ビームライフル1、ハイパーバズーカ、ビームライフル2のいずれかを装備できる。
ガンキャノン
カイ機。初期装備は横長に7マス攻撃できるキャノン砲とバルカン。プライムポイントを配分することで、ビームライフル1を装備できる。ゲーム中では型式番号がRX-77-1になっている。キャノン砲で攻撃する際は地上でも宇宙空間でもよつんばいになる。
ガンタンク
ハヤト機。初期装備は射程無限の165mm砲(原作では120mm)。プライムポイントを配分することで、ボップミサイルを装備できる。白兵戦はできない。ゲーム中では型式番号がRX-75-1になっている。当初は原作同様リュウと共に搭乗。第6話以降一人乗りになる。劇場版に準じ、宇宙へあがるとガンキャノンに切り替えられる。
コア・ファイター
リュウが搭乗する支援機。2、3、6話でのみ登場。
コア・ブースター
セイラ、並びにスレッガーが搭乗する支援機。支援機が2機あると交互で支援が要請できるので、連続して支援攻撃を行える。
半壊ガンダム
頭部と左腕を破壊されてしまったガンダム。初期装備はビームサーベルとビームライフル1。プライムポイントを配分することで、ビームライフル2に装備が変わる。ステータス画面では装備にバルカンの文字があるが、頭部が破壊されているので使えない。そのため、格闘攻撃が通じない敵にはビームライフルで攻撃するしかない。
ミデア
イベントでのみ登場。第7話で待機中の所を黒い三連星に襲撃され、搭乗していたマチルダと共に爆散。
ジム
イベントでのみ登場。第8話ではシャアのズゴックに撃破され、第11話ではザクIIとの戦闘中にビグ・ザムのメガ粒子砲にザクII諸共焼かれる。
ザクII
白兵戦にはヒートホークを使用。砲撃銃は以下の4種類が確認されている。原作同様「ザク」としか呼ばれていない。
マシンガン
4マスの範囲を攻撃するオーソドックスな砲撃銃。
バズーカ
ガンキャノンのキャノン砲と同じく横長に7マス攻撃できる。シャアとサキはこれでGピンポイント攻撃を行うので、7回攻撃を受けることになる。
ナパーム
本作品オリジナルの武装。銃身のグラフィックはマシンガンと同じだが、連射(大量の排莢)は行われず、発射時の効果音はバズーカのものと、爆風はガンタンクの165mm砲ものと同じになっている。威力はマシンガンやバズーカよりも高い。
火炎放射器
本作品オリジナルの武装。銃身のグラフィックはマシンガンと同じだが、グフのヒートロッドと同じく1マス離れた相手を攻撃できる。
マゼラアタック
白兵戦には機関砲、砲撃には横長に7マス攻撃できる主砲を使用。分離はしない。
グフ
白兵戦にはフィンガーバルカン、砲撃には何故かヒートロッドが使用される。1マス離れた相手を攻撃できるという、ザクIIの火炎放射器と同じ射程。一般兵が搭乗する物の出番は第7話のみ。
ズゴック
白兵戦にはアイアン・ネイル、砲撃にはメガ粒子砲を使用。出番は第8話のみ。
アッガイ
白兵戦には両腕の機関砲を使用。砲撃はできない。出番は第8話のみ。
リック・ドム
白兵戦にはヒートサーベル、砲撃にはジャイアント・バズーカを使用。本作品では「リックドム」と表記されている。第10話では全ての敵がリック・ドムである。
ゲルググ
白兵戦にはビームナギナタ(片側のみ)、砲撃にはビームライフルを使用。
シャア専用ザクII
第2、3話、第5話に登場。第2話ではマシンガン、第3話と第5話ではバズーカを装備。1ターンに2回行動し、序盤からWアタックやGピンポイントを使用する。
ランバ・ラル搭乗グフ
第6話に登場。ハモンに指示を出し、ギャロップに3箇所の爆撃を行わせるが、爆撃箇所はランダムで決定されるらしく、味方を誤爆することも多い。ガンダムで攻撃するとマップの別の場所へ逃げてしまう。
ギャロップ
第6話に登場。ハモンが搭乗しているらしい。ラルの指示で支援攻撃を行う他、前方至近距離の敵は機銃で、それ以外の場所の敵は主砲で、どちらも常にピンポイントで攻撃する。威力は機銃の方が大きい。その巨体ゆえ当たり判定も大きく、ガンキャノンのキャノン砲なら7マス分全て当たる。先にラルを倒してからガンダムで一撃を加えると、リュウの特攻により半壊するが、それでも攻撃を続けてくる。
黒い三連星搭乗ドム
第7話に登場。誰か一人を倒さない限り、常にジェットストリームアタックを仕掛けてくる。
シャア専用ズゴック
第8話に登場。1ターンに2回行動する。攻撃を加えると(避けられてしまっても)マップの別の場所へ逃げてしまうので追いかけないと倒せない。
ザクレロ
第9話に登場。武装はヒートナタのみだが、これを受けるとマップの端まで吹き飛ばされる。その最後はコントロール不能に陥って暴走するという原作よりも情けないものである。
ビグ・ザム
第11話に登場。本作品では「ビグザム」と表記されている。第11話では数ターンに一度メガ粒子砲で攻撃してくる。これに巻き込まれると一瞬で撃破されてしまいゲームオーバーとなるので、パターンを読んで回避する必要がある。Iフィールドバリアは常時作動しているわけではないので、ビームライフルによる攻撃も通じ、スレッガーは砲門に特攻を仕掛ける。なお、ビグ・ザムは基本的に正面を向いたまま真横にしか動かないが、これはROM容量の都合によるものだったらしい。
シャア専用ゲルググ
第12話に登場。1ターンに2回行動する。攻撃を加えると(避けられてしまっても)マップの別の場所へ逃げてしまうので追いかけないと倒せない。量産機と違いビームナギナタを両刃とも使用、回転させながら振り回す。
エルメス
第12話に登場。本体への攻撃は一切通じず、ビットを全て倒すと一時撤退してシャア専用ゲルググと入れ替わる。
ジオング
第13話に登場。エルメス同様、両腕を倒さない限り本体への攻撃は一切通じない。

第2部 編集

ストーリー 編集

地球連邦軍はオデッサを奪回すべく部隊を集結しつつあった。ジオンのアジア攻略部隊がこれを迎え撃つが敗退。作戦に参加したウルフ・ガー隊は本隊を見失い、はぐれ部隊になってしまった。

それは、ガルマ・ザビが戦死してから5日後の宇宙世紀0079年10月9日のことであった。

ゴビ砂漠を彷徨うウルフ・ガー隊は連邦軍の基地を発見。食料と弾薬の補給のためにこれを奇襲する。相手の戦力は少なく、コンテナに中身が書いてあったこともあり、物資の奪取は拍子抜けなほど簡単だった。一旦撤収したウルフ・ガー隊は、ザクとグフからなる自分達と同じようなはぐれ部隊が、先程の自分達と同じように基地へ向かっていくのを発見する。隊員は合流を提案するが、隊長がそれを退け、ひとまず様子を見ることにした。彼にはこのような砂漠の真ん中に基地があること、奪取した弾薬のコンテナに書いてあった"RX78XX"という文字、その中身がすべてモビルスーツ用であったことから、新型のモビルスーツがいるのではと睨んだのだった。

一方、その連邦基地にはアルバトロス輸送中隊が駐留していた。彼らには新型モビルスーツ「RX-78XX ピクシー」をホワイトベース隊に届けるべくオデッサへ向かうという任務を帯びていた。しかし度重なる戦闘で、白兵戦の出来ないガンキャノンは既に4機も撃破され、残りは2機だけ。ピクシーを使えば対等に戦えるかもしれないが、長くジャブローにいて現場が分かっていない輸送隊長がそれを許可しない。そんな折にまたもや敵の姿が確認された。位置からして先程攻めてきた者ではない。

この基地はジオンに囲まれている。そう悟ったモビルスーツ小隊長は独断でピクシーの使用を決行。その性能は高く敵軍を瞬時に一掃し、パイロット自身も量産されれば戦争があっという間に終わると驚愕していた。

もちろん驚愕していたのはその戦いを見物していたウルフ・ガー隊も同じことであった。しかし、パイロットが機体の性能に振り回されていると見切り、乗りこなす前に撃破せんと再襲撃をかけたのだった。

シナリオ 編集

  1. 襲撃
  2. かませイヌ
  3. はぐれ者
  4. ヒット アンド アウェイ
  5. クロス レンジ アタック
  6. 死にゆく者たちへの祈り

登場人物 編集

アルバトロス輸送中隊 編集

地球連邦軍の輸送部隊の一つで、オデッサ攻略作戦への参加と、同じくオデッサに向かっているホワイトベース隊へ、新型モビルスーツ「ピクシー」を受け渡すことを目的としている。モビルスーツ隊と輸送隊、補給小隊で混成されている。MS隊は全6機のガンキャノンで2つの小隊を組んでいるが、度重なる攻撃を受け、10月9日の時点で第1小隊は壊滅し、残っているのは第2小隊のみである。劇中で確認できる輸送機はミデア1機のみ。

テンプレート:Visible anchor
護衛小隊の小隊長。階級は大尉、28歳。元は戦闘機のパイロットであったが、現場至上主義者のため配備される先々で上官に反抗的な態度を取り、ゴビ砂漠の基地へ左遷される。ホワイトベース隊へと送る新型モビルスーツの輸送任務に就くが、ジオン軍の襲撃を受け、襲撃に対して輸送中の機体(ピクシー)の使用を上官に進言するなど、柔軟な発想の持ち主。また、率先して陣頭に立ち、部下の信頼も厚い。自分達がジオンに囲まれていると認識した際は、これではアラモだと喩えた。使用許可の下りたピクシーを操縦し、ジオン軍による数回の襲撃を退ける。
最終的にはピクシーと共に基地に放置され、ジオン軍のヘンリー・ブーンと一騎討ちを演じる。なお、ゲームはマルチエンディングになっており、最終戦の一騎討ちの勝敗によって結末が変わるようになっている。この戦闘に勝利した場合は、ジオン軍のサキ・グラハムを助け、彼女の手当てをするために無人となった基地に戻っている。
名前の由来はロシア語でオオカミを意味するВолкから。説明書には「ボル」と表記されているが、ゲーム中やその他の資料では「ボル」で統一されている。
ダバ・ソイ
ボルクの部下。階級は軍曹、24歳。元は香港で警察官をしていたが、徴兵されてMSパイロットになった。現場主義のボルクに深く共感し、彼と共に行動するようになる。しかし、ボルクと異なり、強く上官に反発できない性格である。ガンキャノンに搭乗。
サナ・ニマ
ボルクの部下。階級は伍長、22歳。元はロシアの田舎基地に勤めていたが、ジオン軍が襲来した際に敵前逃亡し投獄された。人員不足により釈放された後、ボルクの部隊に配属される。物語開始時点で彼には乗機が無かったので、撃破されていた4機のガンキャノンの一つが彼の乗機であったと思われる。ボルクがピクシーに搭乗後は、彼のガンキャノンに搭乗。
ノクト・ガディッシュ
アルバトロス輸送中隊隊長。階級は少佐、42歳。元はジャブローで司令補佐を勤めていたが、判断ミスにより作戦が遅れた責任を取らされ砂漠の基地に左遷された。エルラン中将の従兄弟であることもあってか、エリート意識が非常に強く、ボルク達をクズと罵っている。パイロットは命令にだけ従っていればよいという書類至上主義者であるので、現場至上主義であるボルクを目の仇にしている。

ウルフ・ガー隊 編集

ジオン公国軍の第17特殊任務班で、マ・クベの提案によって設立された犯罪者を中心とした部隊。主任務は偵察と後方撹乱。同隊は宇宙において結成され、地球侵攻作戦の際に地上に降下している。地球連邦軍のシルクロード反攻作戦「デザート・ドラゴン」に対する迎撃部隊に編入されたが敗退し、本隊を見失った。犯罪者というはぐれ者の集団であることと、本隊を見失って砂漠を放浪するという、二重の意味で「はぐれ部隊」となった。

テンプレート:Visible anchor
階級は大尉で、イフリートに搭乗、34歳。元はキシリアの親衛隊員だったが、ルウム戦役後に起きた反ザビ家有志によるクーデター未遂事件の嫌疑をかけられ、地上に降ろされる。鼻筋の傷はそのときの尋問の跡。冷静沈着な性格であるが、内には強い敵と戦いたいという思いを秘めている。
実は10日前(9月30日前後)に地球連邦軍の新型モビルスーツ破壊の命を受けていたが、マーチン以外の隊員には知らせなかった。その為、本隊とはぐれたと装って敵基地に近づいた可能性が高い。最終的には新型機ピクシーと一騎打ちを行う。前述の通り、ゲームはマルチエンディングになっており、ピクシーを敗った(プレイヤーが彼に敗れた)場合は、その後ソロモン防衛戦に参加したとされるが、その後の消息は分かっていない。
マーチン・ハガー
階級は曹長で、火炎放射器を装備したザクIIに搭乗、34歳。左目は酒場での喧嘩により失明。ヘンリーとはハイスクール時代からの友人。ヘンリーと同じく、クーデター未遂に関わったと疑惑を持たれたことと、元は空挺部隊の新兵教育係だったが、8人の新兵を死に至らしめたことで、地上に降ろされ、その後ウルフ・ガー隊に編入される。気性は荒く粗暴であるが、部下思いの一面を持つ。
資料には「ヘルハンド隊副長」とあることから、ヘルハンド隊で新兵の教育をしていたと思われるが、「ヘルハンド隊副長」とは書かれていないので、ウルフ・ガー隊の別名がヘルハウンド隊だという可能性もある。
最終局面のみマシンガンを装備したザクIIに搭乗しているが、火炎放射器の射程と同じ間合いで射撃を行うので絶対に当たらない。
サキ・グラハム
階級は軍曹で、バズーカを装備したザクIIに搭乗、21歳。情報分析能力に優れ、ヘンリーの秘書的な役割も担っている。ルウム戦役で戦死した兄の影響を受けて、自ら特殊任務班(特にランバ・ラル大尉の部隊)に志願。ウルフ・ガー隊の中で最年少で唯一の非犯罪者であり、第2部に登場する唯一の女性である。男勝りで勝気な性格であり、モビルスーツの操縦技術も高く、機動性を活かした戦法を得意とする。
搭乗機が撃破された際に脱出に成功したのも彼女だけであり、ウルフ・ガー隊壊滅後、砂漠で倒れていたところをボルク・クライに発見され、傷の手当てを受ける為に彼に肩を貸されて無人の基地に連れて行かれる。その際、回復後の自由を言い渡されており、その後の行方はわかっていない。
レイ・ハミルトン
階級は伍長で、ナパームを装備したザクIIに搭乗、22歳。女性のような甘い顔立ちの為に訓練学校で同性愛者と噂され、噂を流した同僚2名を殺害。そしてウルフ・ガー隊に配属され、メカニックとして重宝されている。
レスタ・キャロット
階級は伍長で、マシンガンを装備したザクIIに搭乗、22歳。家族を疎開させるために強盗殺人を犯して投獄されるも、訓練学校での成績が良く、操縦士の腕の高さを買われて、ヘンリーに拾われる。

登場モビルスーツ 編集

RX-78XX(RX-78-XX) ピクシー
レベルは第1部のガンダムのものを引き継ぐ。宇宙用の装備を省き白兵戦に特化したガンダムのバリエーション機。説明書ではピクシーとガンダム・ピクシーの両方の表記があるが、ゲーム中での名称は全てピクシーになっている。同様に形式番号も、説明書ではRX-78-XXだが、ゲーム中、そして、発売前の資料や攻略本の多くではRX-78XXになっている。武装はビームダガー、バルカン、サブマシンガン。後にアニメ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場した陸戦型ガンダムと設定がかぶっているため、本作以降のガンダム世界において設定考証がかなり怪しい存在となっている。
ガンキャノン
レベルは第1部のガンキャノンのものを引き継ぐ。やはりゲーム中では型式番号がRX-77-1になっている。基本的に第1部と変わりないが、Gピンポイントが使えなくなっている。ウルフ・ガー隊は、本機を新型モビルスーツと認識しなかったことから、以前に本機を目撃していた可能性がある。
MS-08TX イフリート
1ターンに2回行動する。同じく2回行動をするシャア専用ズゴックやゲルググと違い、1回攻撃を加えただけで逃げてしまうということはないので、決着は早くつく。格闘戦に特化しているだけあって、3回または6回斬り付ける必殺技を用いる。
ザクII
第1部のものと特に変化は無い。ウルフ・ガー隊のものは耐久力が高い。
グフ
第1部のものと特に変化は無い。ウルフ・ガー隊とは別の部隊が複数機使用していた。10月9日というのはランバ・ラル隊とホワイトベース隊が遭遇したばかりの頃。

備考 編集

『B-CLUB』113号のゲームデザイナー・神谷春輝へのインタビューによると、当初の構想では「樹氷の魔女」という4部構成の物語で、オリジナルストーリーだけでゲーム化する予定だったが、本編のガンダムを知らないユーザーのために、本編をメイン、オリジナルを後ろに持ってきた。そして容量の限界で第2部「ウルフ・ガー」しか収録できなかったとある(「彼らの戦いはまだ続く… TO BE CONTINUED…」という一文が表示されるというエンディングになっているのはこの為)。構想では3機のピクシーがそれぞれの場所で戦い抜き、最終的にはピクシーまたはピクシーのパイロットが宇宙に集結するという展開だったようである。ゲーム攻略本にもインタビューが掲載されており、そちらでは当初の予定では主人公はイフリートだったとある。「ホワイトベースへ運ばれる予定の新型ガンダム破壊の命を受けたジオンの兵士が主人公」ということから、本作品は『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』のオマージュだと思われる。実際にインタビューでも「0080のように、顔見知り同士がそうとは知らずに同じ戦場にいるという状況を宇宙に上がってからの話でやりたい」と語っている。

その他、第1部は「新兵たちのザク隊」、第3部は「ザビ家妄信隊」というタイトルで、樹氷の魔女というタイトルは第4部の舞台となるコロニーにまつわる伝説からきているという情報もあるが、匿名掲示板に寄せられた情報なので信憑性に関しては不明である。

セガサターン用ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』でイフリートの改修機であるイフリート改が登場したことや、他のガンダムを題材にしたゲーム作品に本作のモビルスーツが登場したことはあったが、キャラクターの登場は現在のところ『ガンダムネットワークオペレーション2[1]、『機動戦士ガンダム0083カードビルダー 両雄激突』、『ネットカードダス ガンダムクロニクルバトライン』のみである。

脚注 編集

  1. [1]このページでは、珍しくボルクとボルグの両方の表記が使われている。なお、一緒に映っているギガンとガンタンクIIは本作品とは関係ない。

参考文献 編集

  • ゲーム『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』、並びにその取扱説明書
  • 雑誌『B-CLUB』 110号~114号(バンダイ)
  • ゲーム攻略本『電撃攻略王 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 完全攻略ガイド』(メディアワークス/主婦の友社。編集協力:B-CLUB)
  • ゲーム攻略本『覇王ゲームスペシャル 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』(講談社)
fr:Kidō Senshi Gundam: Cross Dimension 0079
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。