Fandom


機動戦士クロスボーン・ガンダム
ジャンル 少年漫画
漫画
原作・原案など 富野由悠季
作画 長谷川裕一
出版社 角川書店
掲載誌 月刊少年エース
レーベル カドカワコミックス・エース
発表期間 1994年12月号 - 1997年3月号
巻数 全6巻
話数 全27話
漫画:機動戦士クロスボーン・ガンダム外伝
(機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート)
作者 長谷川裕一
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
月刊少年エース
レーベル カドカワコミックス・エース
発表期間 2002年11月 - 2004年10月
巻数 全1巻
話数 全6話
漫画:機動戦士クロスボーン・ガンダム
鋼鉄の7人
作者 長谷川裕一
出版社 角川書店
掲載誌 ガンダムエース
レーベル カドカワコミックス・エース
発表期間 2006年7月号 - 2007年9月号
巻数 全3巻
話数 全15話
テンプレート使用方法 ノート

機動戦士クロスボーン・ガンダム』(きどうせんしクロスボーン・ガンダム、テンプレート:Lang-en-short)は、[長谷川裕一]]の漫画作品。『月刊少年エース』に1994年から1997年まで連載。後に完結編である『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』が『ガンダムエース』に2006年から2007年に連載された。本項では続編作品も併せて記述する。

概要 編集

機動戦士クロスボーン・ガンダム 編集

『月刊少年エース』(角川書店)において、1994年12月号(創刊号)から1997年3月号まで全27話が連載され、単行本全6巻が刊行された。

ガンダムシリーズの中ではアニメ映画『機動戦士ガンダムF91』の続編に当たり、ベラ・ロナを中心として再興した宇宙海賊クロスボーン・バンガードと、木星圏を根城とする木星帝国(ジュピター・エンパイア)との壮絶な戦いを描く。

他のガンダムシリーズを起点にした漫画では原作者の肩書きだけであった富野由悠季が、初めて漫画制作に本格的に携わった作品である(コミックスの著者近影欄にも全冊コメントを寄せている[1]。)ある登場人物による、「目が二つあってアンテナが生えていればマスコミが全部ガンダムにしてしまう」との世間のガンダム観を皮肉ったような台詞があるが、これを言わせるよう指示したのが富野自身であると長谷川が枠外に記載している。

全体の画風がそれまでのガンダムシリーズとは異なる(長谷川裕一の項の作風の節も参照のこと)上、「ガンダム」という様式に対する反発が一貫して盛り込まれているが、富野自身も作品として語ることが少なくなっていたニュータイプについて久々に向き合い、新たな考えを提示した。

ガンダムシリーズの制作元であるサンライズは、ガンダムシリーズの派生作品については一部の公式外伝を除き非公式という立場である。

SDガンダム GGENERATION-F』や『第2次スーパーロボット大戦α』、『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス』などゲーム作品へ登場し、主役機のクロスボーン・ガンダムハリソン・マディン専用量産型ガンダムF91プラモデル化している。また『SDガンダム GGENERATION-F』に登場する際に作成された音楽は、他のゲーム作品でもクロスボーン・ガンダムのテーマとして扱われている。

機動戦士クロスボーン・ガンダム外伝 編集

本編連載終了後、前述のゲーム作品で取り上げられ連載当時より知名度が上がり、またバンダイグループから関連商品が提供されるようになった。このような背景のもと、雑誌『ガンダムエース』などに散発的に読み切り作品が発表され、2005年には後述する全てのエピソードを収録した単行本『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』が発売された。

なお、本編連載開始以前に発表された長谷川の漫画作品『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』『機動戦士Vガンダム外伝』とのクロスオーバーが見られるなど、より「長谷川色」の強い作品群である。

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人 編集

『ガンダムエース』2006年7月号より2007年9月号にかけて連載。宇宙世紀0136年において始まった木星帝国との最終決戦を描く。黒澤明の映画『七人の侍』がモチーフであり、本編でもこの映画に関する話が出てきている。

本作の後の時代(宇宙世紀0153年)を描いた『機動戦士Vガンダム』で登場するキャラクターや技術も登場。 テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

機動戦士クロスボーン・ガンダム
宇宙世紀0133年、コスモ・バビロニア建国戦争が終結して以降大きな戦乱も無く平和な時代、木星圏付近ではガンダムに似たモビルスーツ (MS) を利用して海賊行為を働く集団が出没していた。
そんな中、地球圏育ちの少年トビア・アロナクスは、惑星間航行船スマシオンに乗り、留学生として木星に行く途中の中継ステーションに到着した際、そのステーション内で追われていた一人の少女、ベルナデット・ブリエットと出会う。
彼女を庇って共に逃亡するが警報が鳴り、宇宙海賊が出現する。ステーション防衛部隊が苦戦する中、トビアは残されていたMSバタラに飛び乗り出撃し、クロスボーン・ガンダムX1と交戦するも圧倒的な性能差により機体を一刀両断にされてしまう。これまでかと思われた時、敵機からの通信によりトビアは脱出し、航行船へ戻るが、運悪く船内に隠されていた地球へ運搬中の大量の毒ガスを発見してしまう。教官のカラスに追い詰められ絶体絶命の窮地に立たされるが、敵パイロット、キンケドゥ・ナウの加勢により救われる。木星帝国の実体を知ったトビアは、海賊たちと共に戦う道を選ぶ。
外伝
クロスボーン・ガンダム本編の後日談、すなわち宇宙世紀0133年より数年後の時代を主な舞台とする。この時代、トビアら海賊軍の残党は、表向きは「ブラックロー運送」という運送屋を営む傍ら海賊軍時代の武装を密かに保持しており、様々な事件に巻き込まれる。そのほか、前日談的なもの、本編と平行するエピソードなどもある。
海賊の宝
連邦軍の機密文書を積んだ輸送船が木星軍の残党に襲われる。これを防ぐべく連邦軍のハリソン大尉らが出撃したところ、海賊軍までもが現れ三つ巴の様相となる。
最終兵士
トビアらは「木星じいさん」を名乗る老人から、木星軍の残党から誘拐された「伝説の兵士」を奪回してくれと依頼を受ける。
猿の衛星
謎のMSが出没する宙域の調査を命じられたハリソン大尉は、元・海賊軍と知らずにトビアらの船を輸送船として雇う。
星の王女様
宇宙世紀0133年。トビアは小惑星ネバーランドで世間と隔絶して暮らす少女、トゥインクに出会う。
バカがボオルでやってくる!
本編中で「ボールでドムを6機撃墜した」と自称するウモンじいさん。その宇宙世紀0079年における戦闘を描く。タイトルは映画『馬鹿が戦車でやってくる』が元ネタ。

登場人物 編集

声優はゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズや『第2次スーパーロボット大戦α』のもの。

宇宙海賊クロスボーン・バンガード 編集

テンプレート:Visible anchor
声:山口勝平
本作の主人公。両親は幼い頃に亡くなっているが、叔父夫妻によって、歳の近い従兄弟のギルと同じように、わけ隔てなく愛情を持って育てられた。地球からの留学生だが、留学先となる筈だった木星圏の戦乱に巻き込まれる。キンケドゥに助けられて以降は宇宙海賊クロスボーン・バンガードのパイロットとして戦い、優れたニュータイプとしての才能を開花させていく。パイロットとしての実戦経験不足からか、戦闘に関してはそこまで自信を持っていないような言動を最終話に至るまで何度か取っているが、それを機転でカバーする事が多い。前半では木星帝国から鹵獲したMSペズ・バタラに搭乗していたが、後半で新型のクロスボーン・ガンダムX3に搭乗し、最終決戦においてクラックス・ドゥガチを打倒、地球圏を核による滅亡から救った。木星戦役終結後は、キンケドゥよりX1を譲渡され愛機とする。なお、海賊に参加した事などのごたごたから戸籍上では死亡扱いになっているようだ。
既存の常識に捕らわれることなく、強い意志と判断力を見せる少年であり、ニュータイプの人間に、ともすれば生じがちな気負いはもちろん、優越感からくる傲慢さや選民思想などは微塵も見せず(逆にニュータイプ主義などに対する嫌悪感ものぞかせた)人同士の調和を常に求める姿勢を持つ。女性関係は照れ屋のため、ベルナデットとの仲も遅々として進まない。ガンダムシリーズの主人公はアムロ・レイカミーユ・ビダンに代表されるように内向的で屈折した面を見せる者が多いが、トビアは叔父夫妻に従兄弟と同じように愛情を持って育てられたためか、長谷川裕一作品の主人公に共通する明朗活発で前向きな性格である。
鋼鉄の7人では、キンケドゥの意思を引き継ぎ、名実共にクロスボーン・バンガードのトップエースとして活躍。「神の雷計画」を阻止するため、圧倒的に戦況が不利であることを承知で敢然と新生木星軍に戦いを挑む。木星圏の最終決戦において光のカリスト率いる木星帝国軍との激闘の末「神の雷計画」の阻止に成功するが、その際仲間の大半と自らの視力を失い、一時行方不明に。数年後、姿を変えて(最終決戦直前にエウロペからカーティスの個人データを入手しており、カーティスの容姿に整形した)木星に帰還したベルナデットとの再会を果たしている。
木星圏での最終決戦では自身の能力と搭乗機クロスボーン・ガンダムX1フルクロスの性能を限界以上引き出す事で、サイキッカーであるカリスト兄弟相手に互角以上に渡り合い最後には光のカリストを撃破するなど、パイロットとしての実力は他のガンダムシリーズの主人公にも引けを取らない能力を持つまでにいたった。
テンプレート:Visible anchor
声:夏樹リオ
本作のヒロイン。木星からスマシオンに密航して来た少女。中継ステーションでの襲撃騒ぎの後にマザー・バンガードにも隠れて乗り込むが見つかってしまい、ベラの保護下でマザー・バンガードのクルーとなる。ベルナデット・ブリエットの名前は発見された時に正体を知られまいと咄嗟に名乗った偽名である。
その正体はクラックス・ドゥガチの娘、テテニス・ドゥガチ。母親は政略結婚で木星圏にやってきた地球の良家の娘。物語中盤で木星帝国に連れ戻され、後にモビルアーマー (MA) エレゴレラに乗せられてしまうが、トビアによって救出される(『鋼鉄の7人』によると木星帝国側ではテテニスは宇宙海賊に殺害されたと伝えられていたようだ)。父親について身を案じていたが、あまりの非道ぶりから父親はもうこの世にいないものと感じ、トビアにその思いを託す。
なお、父親とは祖父と孫と言っても差し支えがないほど年齢が離れており、トビアの「(ベルナデットは)あんたの子供なんだろう?」という問いにドゥガチは「医者は保障していたが?」と答えている。
鋼鉄の7人では終戦後はトビアと共に海賊として宇宙へ旅立つ。パイロットとしても活躍し、地球でトビアが船を離れている間に影のカリストらに襲撃された際にはX1を操縦しトビアをサポートしている。なお、未だ貧乳であるため、義母のエウロペに「子供のうちに栄養のあるものを食べさせるべきだったろうか」と考えさせたり、オンモに「どこも出っぱっていない」と言わせた。トビアと共に生きたいと願うが、木星を救う事が出来るのは自分しかいないため、彼のもとを去らねばならないことも理解しており苦悩する。木星に向かうトビアに自らの歩む道を告白した。一年後、木星に戻り、クラックスの作った財団の代表になった。なお、オンモに「密航が特技」と言われた(前述のセリフより。実際、本編から数えて4回も行っている)。
キンケドゥ・ナウ / シーブック・アノー
声:辻谷耕史
クロスボーン・ガンダムX1を駆る宇宙海賊クロスボーン・バンガードのトップガン。
その正体は、かつてコスモ・バビロニアの蜂起の際に民間人ながらガンダムF91で目覚しい戦果を挙げ、レジスタンスのエースとして活躍したシーブック・アノーである。

詳細はシーブック・アノーを参照

ベラ・ロナ / セシリー・フェアチャイルド
声:冬馬由美
宇宙海賊クロスボーン・バンガードの指導者であり、戦艦マザー・バンガードの艦長。
その正体は『機動戦士ガンダムF91』に登場したセシリー・フェアチャイルドである。木星帝国の野望を知ったため再びベラ・ロナを名乗り、自らが指導者となって宇宙海賊クロスボーン・バンガードを組織、戦艦マザー・バンガードの艦長として木星圏で帝国と戦う決意を固める。

詳細はセシリー・フェアチャイルドを参照

ザビーネ・シャル
声:梁田清之
クロスボーン・ガンダムX2を駆る宇宙海賊クロスボーン・バンガードのエースパイロット。キンケドゥと並ぶ(シミュレーションなら7対3で上回っている)実力を持つ。
かつては旧クロスボーン・バンガードのエリート部隊「黒の戦隊」(ブラックバンガード)を率いた大隊長だったが、その後コスモ・バビロニアの残虐なやり方に反発し、離反してベラやキンケドゥと行動を共にしていた。

詳細はザビーネ・シャルを参照

ウモン・サモン
声:宮澤正(『第2次スーパーロボット大戦α』) / 田中和実(『GGENERATION SPIRITS』)
宇宙海賊クロスボーン・バンガードに参加しているMSパイロット。ニュータイプを自称[2]するお調子者の老人だが、パイロット歴は本作から半世紀以上前の一年戦争時代からという大ベテランで、一年戦争時はボールで6機のリック・ドムを撃墜、その後のグリプス戦役なども生き抜いた確かな実力を持つ。そのためキンケドゥ不在時にはX1に搭乗した事もある。後半以降はフリントに搭乗。後にアマクサとの戦いで負傷し、以後メカニックに転向する。ちなみにハッタリの多さに周囲からは「誤報のデパート」と呼ばれており、クロスボーン・ガンダムにドクロのマークを付けたのはウモンのアイデアである。
また、同作者によるアンソロジー漫画『SDガンダム GジェネレーションF 4コマKINGS』では、一年戦争時代のウモンが描かれ、以降『スカルハート』『機動戦士ゼータガンダム1/2』でも彼を主人公にした番外編が制作された。なお、「ウモン・サモン」というフルネームが設定されたのは『スカルハート』の番外編から。
ヨナ
声:滝田樹里
ウモンやジェラドと共に木星戦役を戦い抜いた女性パイロット。モビルスーツ戦より生身の格闘戦(肉弾戦)が得意でトビアにも手ほどきをしている。ウモンとは家族ぐるみの付き合いらしく、若かりしころのウモンがMSパイロットだった祖母に想いを寄せていた事を知っている。
鋼鉄の7人では、トビアを「ちゃん」付けで呼んだりと、若干精神年齢が下がった印象がある。
ジェラド
声:森貞文則
ウモンやヨナと同じく木星戦役を戦い抜いたパイロットの一人。ナイフ投げの名手。
鋼鉄の7人では、ウモンの戦線離脱後はトビアに次ぐNo.2のパイロットだが、対アマクサ戦では一撃で撃破されたり、コルニグス襲撃の際にはMSに乗る前に岩盤で押しつぶされたりと、その実力をいまいち発揮できていない。
ハリダ
声:斉藤次郎
クロスボーン・バンガードのパイロットの一人。パーマで髭面。木星の衛星イオでの戦闘でMAエレファンテのフレキシブルアームに乗機を潰され戦死。
ロニム
クロスボーン・バンガードのパイロットの一人。トビアにミノフスキードライブの説明を行う。バーンズが駆るトトゥガに挑むが、高速硬化ガスによって動きを止められたところを、ハンマーハンドで潰され戦死。なお、一部の長谷川作品によく似たキャラクターが出演している。
副艦長
本名は不明。マザー・バンガードの副艦長で同艦の操舵を務める。理想論が強い傾向にあるベラとは逆に現実的な面があり、時には自分達が勝つために彼女の命令に反した行動をとる事もある。マザー・バンガード自爆以降は未登場。
ゲーム『第2次スーパーロボット大戦α』でのマザー・バンガードの武器「突撃」は、元々は本編で彼がベラの命令に反して行ったものであり、使用した際のベラの台詞も本来は彼のものである。
技術長
本名は不明。マザー・バンガードの整備長でウモンと同世代の老人。常に酒瓶らしきものを持ち歩いている。X1改のスクリューウェッブは彼が考案したものである。マザー・バンガード自爆以降は未登場。
オンモ
声:根谷美智子
補給艦リトルグレイの艦長。木星戦役では地球からの物資輸送と補給を担当していた。木星戦役後はブラックロー運送の社長を務め、ベラに代わり宇宙海賊クロスボーン・バンガードに指令を出している。『鋼鉄の7人』によれば、元々はサナリィ関係者で、かつては「サナリィのアイドル」と呼ばれていたらしい。出自や品格、威厳でクルーを引っ張っていたベラと違い、人懐っこい性格でリーダーシップを発揮するタイプである。

木星帝国 編集

テンプレート:Visible anchor
声:永井一郎 / 麦人(『GGENERATION SPIRITS』)
木星帝国総統。木星圏を人の住める環境にするために70年余りに渡り尽力していたが、資源に乏しく過酷な環境の木星に対して地球連邦政府は十分な援助を行わなかった。しかし木星が一定の国力を持ちある程度の自立ができるようになった頃、ドゥガチに対して地球側から良家の女性(ベルナデットの母)との縁談が申し入れられる。政略結婚により地球に対して媚るよう求められたことに加え、その妻が非常に優しいよく出来た女性だったことで、豊かな生育環境でしか生まれない余裕を見せ付けられ、かつてない程の屈辱を味わう(なお、続編『鋼鉄の7人』では木星人である後妻のエウロペが登場するが、本編では「奥方(ベルナデットの母)が亡くなってからは~」という台詞もあり矛盾がある)。
そのため地球に対し狂気ともいえる憎悪を抱き、密かに木星帝国を築き上げる。国民に対しては豊かな大地である地球を木星人の手に取り戻すと公表していたが、その真の目的は地球を不毛な大地へと変えることであり、その先のことは全く興味はなかった。
ドゥガチは正体不明の液体で満たされた玉座に座った状態でガラス越しに部下に指示を与えていたが、これはドゥガチの思考をコピーしたバイオ脳の操る人形であり、同様のバイオ脳は9体存在した。オリジナルのドゥガチもチューブで繋がれた状態で液体に入っていたが、髪の毛が無いなどコピー人形に比べ老化が進んでいる印象を受ける。ベルナデットの母親と結婚した時は「80に手が届く老人」とされているので、地球侵攻時は90歳を超えているものと思われる。搭乗機は、MAエレゴレラおよびディビニダド(オリジナルが直接搭乗したのはディビニダドのみ)。特にディビニダドには「フェザーファンネル」というサイコミュ兵器らしき武装が搭載されているが、ドゥガチ自身がニュータイプであるかは不明(ゲームではニュータイプ扱い)。
なお、「思考をコピーしたバイオ脳の操る人形が複数居る」と言う設定は前作『機動戦士ガンダムF91』のカロッゾ・ロナの没設定(一説には没になったTVシリーズ用)の流用との説がある。
テンプレート:Visible anchor
声:茶風林
トビア達留学生の指導教官の一人だが、実は木星帝国の諜報員で、ドゥガチ直属の部下。中継ステーション襲撃時にスマシオンに積んであった毒ガスをトビアが見た場面に居合わせ、証拠隠滅のために彼を拳銃で射殺しようとする。「強い者こそが正しい」という信念の持ち主で、木星帝国に従っているのもその信念に基づいているためである。またニュータイプとしての素質を持つ人間に強い関心を示しており、「スクール」と呼ばれる場所でギリやカリスト兄弟を教育していた。そのためニュータイプとして成長するトビアに強い関心を示すようになり、自らの元に来るように言っている。
ワイヤーを操る技術に長けており、それによって宇宙漂流の危機を脱して何度もトビア達の前に現れる。最終決戦では自らニュータイプ部隊を率いMAノーティラスでトビアに挑むものの、敗北。死の間際、後ろからトビアを撃とうとした部下を「敗者の分際で勝者の行く手を阻むな」と逆に撃ち落とし、その信念を全うした。
テンプレート:Visible anchor
声:真柴摩利
対クロスボーン・ガンダムチーム「死の旋風隊(デスゲイルズ)」のリーダーで、チームの攻撃担当。階級は少佐。木星帝国の次期幹部候補生。外見からしてトビアと同世代の少年で彼のライバル的存在である。カラス直属のニュータイプであることに異常ともいえる自尊心をもっており、性格は非常に尊大にして傲慢かつ残虐で降伏してきた敵を平気で拷問にかけるほど。地球での掃討戦では楽勝と思っていたが、トビアとの戦闘では計算外の地球の重力とキンケドゥのX1により敗北し、自決しようとしたところをバーンズに止められた。
なお単行本5巻の121ページで、ベルナデットに対して「目ばかり大きくてあまりぼくの好みじゃないけど…」と発言した事があるが、原作者の富野の嗜好が反映された発言と思われる(実際、富野は長谷川の好みが自分には合わないのが残念と発言し、「目を小さくして欲しい」と提言した)。
搭乗機はクァバーゼ
鋼鉄の7人では、地球でコック[3]として生活していた。バーンズの手引きで新生木星帝国と戦う仲間を求めていたトビアと再会し、当初は「今でもドゥガチの思想は間違っているとは思わない」として協力を拒否したが、険悪な間柄だった影のカリストからNo.2と侮辱された事からか、結果的にはカリスト兄弟打倒のために仲間となる。
トビアに対しては常に悪態をつくが内心ではかなり認めているようで、その様はミノル達からは「ツンデレ」と呼ばれた。また、身長も高くなり性格も台詞などから幾分丸くなっている事がうかがえる。なお、トビアの事を「海賊少年」(本編時)から「海賊」と呼ぶようになった。
木星決戦においてはビギナ・ギナIIに搭乗し、光のカリストと激闘を繰り広げるが、じりじりと押されていく。発射体制に入ったコロニーレーザー・シンヴァツを止めるべく四肢を失った機体で特攻を行い、戦死。その命を捨てた行動はシンヴァツに深刻なダメージこそ与えられなかったものの、発射角度をわずかにずらし、その結果レーザーの第一射は地球への命中コースを外れることになる。
搭乗機は量産型クァバーゼ、後にビギナ・ギナII(ギリ専用機)。
テンプレート:Visible anchor
声:まるたまり
死の旋風隊の女性パイロット。金と血生臭い騒動が大好きな性格。言動から生粋の木星帝国の軍人ではなく傭兵と思われる。搭乗MSはアビジョで、敵機の牽制・かく乱を担当する。捕虜となったトビアを公開処刑にする際はX2に搭乗するも、生身のトビア相手に油断し、不意を突かれて機体を奪われてしまう。地球での掃討戦で敗北する。
鋼鉄の7人では、経歴を詐称してアナハイム・エレクトロニクス社ミノフスキードライブ搭載型試作MS(?)スピードキングのテストパイロットになったが、ある理由から各地を巡業してモビルスーツストリップ(MSの掌の上でのストリップ)を行い生活しており、トビアからの誘いにもちろん行くと快諾した。お金さえしっかり払っておけば絶対に裏切らないそうである。
本編では生身のトビアにX2を奪取されたり、地球での掃討戦では真っ先に撃破されたりと強そうな描写がなかったが、アナハイムの最高機密であるスピードキングのテストパイロットに抜擢され、光の翼の余剰に排出するミノフスキー粒子のビームを盾として大気圏突入をこなした事からも分かるように、実はキンケドゥに匹敵する凄腕MSパイロットである。
木星決戦時には、アラナ・アビジョに騎乗。戦いの中で機体は中破するがなんとか生き残り、死の旋風隊唯一の生存者となる。戦後はミノルの妻となり、共に監視役として木星圏に暮らす。またその傍ら「神(ゼウス)の雷計画の真実」という本を執筆し好評を博したが、その内容はかなり不正確な代物であったらしい。
テンプレート:Visible anchor
声:飯塚昭三
木星帝国のベテランパイロット。階級は大尉。搭乗MSは専用機として赤色に塗装したバタラだったが、死の旋風隊ではトトゥガを与えられ、防御を担当する。息子を事故で失っており、過酷な木星の環境と比べ、豊かな水資源を持つ地球圏の住人に対して恨みを抱いていた。彼の搭乗したバタラは専用のパーソナルカラーが許されていた事や、海賊に捕まった留学生として基地に潜入したトビアへの「何かあったら俺の名前をだしな」との発言から、軍内部でもかなり名の知られた存在らしい。水素採掘ステーションでクロスボーン・バンガードと交戦した後、実績を買われ死の旋風隊に抜擢、クロスボーン・ガンダムと死闘を繰り返す。
息子が亡くなって以来、出撃時にはヘルメットをかぶらない。
敵であるトビアに亡き息子の面影を見ており、地球での掃討戦での敗北後、彼らにジュピトリス9の弱点を教えた。
鋼鉄の7人では地球で生活し、牧場を営んでいた。トビアからの誘いに快く応じ共に戦う。木星決戦時には、バーラ・トトゥガに乗り戦うが、影のカリストの攻撃によって大破。シンヴァツ特攻を行うギリを敵機の攻撃からかばい抜いて果てる。なお、仲間を守るため少しでも長く生きぬこうと、息子が亡くなって以来初めてヘルメットをかぶり戦った。

地球連邦軍 編集

テンプレート:Visible anchor
声:青羽剛 / 平川大輔(『GGENERATION SPIRITS』)
地球連邦軍第17機動中隊所属の大尉。この時代においては、珍しくまともな考え方を持った軍人。「連邦の青い閃光」の通り名を持つ連邦軍随一のエースとして機体を青色のパーソナルカラーに塗装し、量産型ガンダムF91部隊の隊長として、マザー・バンガードの引渡しに抵抗する宇宙海賊クロスボーン・バンガードと交戦する。その際に戦いを演じた相手がF91(試作機)のオリジナルパイロットでもあったキンケドゥであり、地球侵攻を行う木星帝国の母船ジュピトリス9の攻撃の際にはキンケドゥ達への理解を示し援護を行う。戦役後もトビア達との微妙な関係は続いていた。
その腕は確かで最大稼働モードのF91を制御出来る程で、キンケドゥには骨のあるヤツと認められ、X1のビームシールドを初めて使わせた人物である。
『スカルハート』では彼の部隊に志願して入隊する者もいるなど、部下からは強く慕われている様子が描写されている。しかし民間人を守るため上層部の意図しない行動を取ることもある上に、トゥインクに好意を抱く程の極端なロリコンであるなど、上層部からは危険視されている。出世には縁がないと本人も自覚している。
『鋼鉄の7人』では、連邦軍の腐敗に半ば呆れながらも、あくまでも今の地球を治めるのは連邦政府なのだからと連邦に所属し続けた。ミノルはかつての教官であり、「連邦の青い閃光」の通り名は彼に認められ譲り受けたものである。トビアの正体を知ってからも、自機のF91を「調子が悪いような気がするので、置いていく」と嘘をつき貸し出し、「神の雷計画」を連邦軍上層部に報告するなど彼らを支援するが、エピローグでF91の無断貸し出しや権限を越えた作戦を展開したこと等が原因で軍を退役する事となり、ブラックロー運送に就職した。
同作者の別作品『機動戦士ゼータガンダム1/2』において、ハリソンと同じ「マディン」姓の人物が登場しているが、関連性は明示されていない。
司令
本名は不明。ハリソンの直接の上官。宇宙海賊討伐、連邦高官の不正行為の隠蔽といった汚れ役や、地球へ来訪したドゥガチへの謁見といった日の当たる任務もこなす事から連邦軍内では幹部クラスの地位にあると思われる。「猿の衛星」ではハリソンに事件の説明をして自らツッコミを入れているなどノリが良い一面も。ある意味連邦の縮図を体現している様な人物。

コスモ・クルス教団 編集

シェリンドン・ロナ
声:木村亜希子
コスモ・バビロニア崩壊後、貴族主義勢力から担ぎ出された名家の令嬢。ベラの従姉妹であり、ベラからは「シェリー」と呼ばれていた。ニュータイプ至上主義者であり、本人も高いニュータイプ能力を有す。ニュータイプとその素質があるものを集め、オールドタイプは切り捨てるような発言もした。木星帝国との話し合いの場を設けようとしたり、ハリソン率いる連邦軍を動かしたりとかなりの権力も持ち合わせている。ベラたちを裏切って連邦軍に引き渡し、ニュータイプの素質のあるトビアだけを手元に置こうとしたが、人間であることに希望を捨てない彼の強い信念と決意に負け、トビアに新型機クロスボーン・ガンダムX3を預けることとなる。
ちなみに初出は小説版『機動戦士ガンダムF91』である。

その他 編集

きこりの爺さん
本名は不明。地上の森林監視員。地球へ逃れたトビア達を匿う。口は悪いが面倒見はいい。長距離の山道を歩く体力は、コロニー育ちのトビアに、地球で生活するアースノイドへの敬意を実感させた。
セバスチャン
きこりの爺さんの飼っている、作業用MSを操縦するチンパンジー。死の旋風隊襲来の際、MSを操縦して暴れ、トビア達の危機を救った。

『外伝』の登場人物 編集

ヨナ・キニスン
「バカがボオルでやってくる!」に登場。一年戦争でのウモンの上官であると同時に想いを寄せていた女性。本編のヨナは彼女の孫娘である。
カマーロ・ケトル
声:北島淳司
「海賊の宝」に登場する木星帝国軍残党の指揮官。オカマ口調の人物で、複数の長谷川作品に同様な人物が登場している。搭乗MSはアラナ・バタラ。原作では名称不明だったが、『GGENERATION SPIRITS』で判明した。
シーナ・カッツィユッキー
「猿の衛星」に登場。元ジオン公国軍将校。E計画を知る数少ない人物。「ジーク・ジオン」と言いかけてはあわててやめて恐縮するという奇癖[4]がある。
アンソニー&セガール
「猿の衛星」に登場。ジオン軍のE計画によって生み出されたニュータイプ兵士(猿)。四肢すべてが「手」に改造されたMSを駆って、自分たちのテリトリーに入った機体を襲撃していた。
名前の由来はセガサターンのCMに登場していたゲームをするチンパンジー。
グレイ・ストーク
声:矢尾一樹
「最終兵士」に登場。地球と木星を往復するヘリウム船団のリーダー的な存在である初老のニュータイプで、「木星じいさん」と自称している。初出は漫画『機動戦士Vガンダム外伝』。
小説『ターザン』の父親「グレイ・ストーク卿」と同名でありどうやら偽名らしい。明確にはされていないが、いくつかの状況証拠から、その正体はある人物の可能性が匂わされている。仮にその人物だった場合、劇中の年齢は60歳前後となる。
トゥインク・ステラ・ラベラドゥ
声:釘宮理恵
「星の王女様」に登場。木星軍が秘密鉱山として利用していた小惑星ネバーランドに1人で暮らしていた少女。死んだ母親が地球から持ってきた本が童話『ピーターパン』『星の王子様』だけだったため、外の世界の知識はそれしか持っていない。トビア達の活躍で木星帝国から解放され、本編終了後に宇宙海賊クロスボーン・バンガードに所属する事になる。この頃には大分常識を身に付けていた。
なお、『機動戦士クロスボーン・ガンダム』から『鋼鉄の7人』までの物語は、彼女が執筆した記録である事が『スカルハート』や『鋼鉄の7人(単行本3巻)』のプロローグで明かされている。
彼女も『GGENERATION SPIRITS』に登場しているが、キャラクターデザインの関係上かなり原作と印象が異なる。

『鋼鉄の7人』の登場人物 編集

サナリィ 編集

オーティス
サナリィ第2月面開発実験所の責任者。たびたび非公式に実験機やそのパーツを買い付けに来るクロスボーン・バンガードに、実戦データ収集のため、「疫病神」と憤慨しつつも渋々協力している。喜怒哀楽の激しい性格をしており、アナハイムを罵る様はこの種の人間に対する耐性が強いトビア達をもってしても唖然とさせた。
機動戦士Vガンダム』の登場人物のオーティス・アーキンズである可能性が高いが、『V』での温和な性格に比べ、本作では、アナハイムの実験機に対する優越感をあらわにするような言動など、性格面で大きな開きが見られる。
ミューラ
サナリィ第2月面開発実験所の技術者の女性。感情の起伏の激しいオーティスのフォローにあたる。
ミューラ・ミゲルである可能性が高い。
テンプレート:Visible anchor
サナリィ第2月面開発実験所のMSパイロット教官。かつては地球連邦軍でも指折りのパイロットで「連邦の青い閃光」と呼ばれていたが、平和な時代が長く続いていたため現役時代は実戦参加経験はない。現役引退後はMSパイロット教官として「青い閃光」の名を譲ったハリソンを含む多くの教え子を育てたが、クロスボーン・バンガードのフロンティアIV侵攻時に、多くの教え子を亡くしてしまった自責の念から軍を退役してサナリィへと移る。
温厚で聡明な性格であり、実験所が襲撃された後は、トビア達の良き協力者として行動を共にしている。好きな映画は黒澤映画らしい。
12歳の時、第二次ネオ・ジオン抗争におけるシャア・アズナブルの隕石落し(形状から見て5thルナと思われる)を地球上から目撃し、その時の衝撃が軍人を志すきっかけとなっている。
鋼鉄の7人作戦ではガンダムF90インターセプトタイプに搭乗。その際のパーソナルマークはRB(F99レコードブレイカー)の文字をもじったもの。
木星圏でのシンヴァツ破壊作戦においてはローズマリーとともに生存。ドレックら若者が死に、老いた自分が生き延びたことを嘆くが、ローズマリーの発破を受け、だからこそ生き延びた自分は生き抜かなければならないと決意する。戦後はローズマリーと結婚。連邦の要請により木星圏に留まり、戦闘直後に起きたクーデターで瓦解した総統派らににらみを利かせている。
ヨン・サンニー
F99テストパイロット。3人のテストパイロットのリーダー格。サナリィの月面開発研究所を急襲した木星帝国軍をF99に搭乗して迎え撃ち圧倒的な性能を見せ付けるも、それを上回る動きを見せたカリスト操るコルニグスのビームクローに引き裂かれ死亡。
ユリシーズ・レオパルド
F99テストパイロット。サナリィの月面開発研究所を急襲した木星帝国軍をF99に搭乗して迎え撃ち圧倒的な性能を見せ付けるも、カリストの月面を削って岩塊の礫を浴びせるという奇策に怯みコルニグスのビームライフル内蔵ビームアックスに引き裂かれ死亡。
テンプレート:Visible anchor
F99テストパイロットの唯一の生き残り。他の2名からはその潜在能力の高さを評価されていたが、気弱な性格のため発揮できずにいた。同僚を殺され自分も撃墜された戦いの後は恐怖からMSに乗れなくなるも、トビアやミノル達の奮闘を見て勇気を取り戻し、再び戦う事を決意する。
鋼鉄の7人作戦ではハリソン専用ガンダムF91に搭乗。その際のパーソナルマークはMの字[5]をもじったもの。
死の旋風隊が戦線離脱した後、激戦の中で鉄壁に見えたカリスト機の防御の穴を看破。F91の機動性を極限まで引き出す操縦でその点を突き一撃を加えることに成功するが決定打にはならず、反撃を受け戦死した。

木星帝国 編集

テンプレート:Visible anchor
ドゥガチの後継者として、木星帝国新総統となった青年。地球圏に大災害を引き起こす神の雷計画を計画・実行しようとしている。姉であるエウロペや、双子の弟である影のカリストとは常時意識の共有がなされる特殊能力を持つサイキッカーで、木星圏から二人の意識を介して地球圏の状況を見ている。
テンプレート:Visible anchor
声:笹沼尭羅(『GGENERATION WORLD』)
光のカリストの半身。兄同様のサイキッカーであり、二人で意識を共有するため両者が共に総統という奇妙な状況となっている。神の雷計画に障害となる全ての者の排除のため地球圏にやってきた。本人は地球で倒されたが、光のカリストによって死の直前の意識をバイオ脳にコピーされ復活する。しかし、木星帝国兵は「本当にコピーであるのか、光のカリストの妄想なのかは分からない」とも言っており、バイオ脳の状態では兄のカリストの前以外でまともな言葉を発する事は無く、どちらとも取れる形になっているため詳細は不明。双方のカリスト共に名前の由来は木星の衛星の一つであるカリストから。
テンプレート:Visible anchor
カリスト兄弟の姉で、クラックス・ドゥガチの後妻でありテテニスの義母。神の雷計画を伝えるために地球圏へ。以降トビア達と行動を共にする。地球圏に来るまで、弟達と自分が意識の共有がなされている事を知らず、勝手に自分の心が弟達に読まれていた事にショックを受ける。死んだカーティスをトビアと重ねあわせていた。それに気付いたベルナデットが泣きながらトビアを取らないようにと嘆願している。最終決戦時には心が読まれていることを逆手に取り、作戦内容をあえて読ませてかく乱する司令官的役割を担った。そして、コロニーレーザーをトビアと共に破壊するも、そこにやってきた光のカリストによって致命傷を負ってしまう。最後の力を振り絞って、機体が動かなくなったトビアを自爆するコロニーレーザーから脱出させ、自身は爆発に巻き込まれる形で落命する。カリスト達と同じく名前の由来は木星の衛星の一つであるエウロパから。
カーティス
エウロペの恋人だった木星軍兵士。カリスト達の目論見で海賊討伐へと駆り出され、戦死している。外見はともかく勇猛果敢な性格等はトビアと似通う部分があるらしく、幾度かエウロペとトビアの会話で名前が出ている。

兵器 編集

クロスボーン・バンガード

詳細はクロスボーン・バンガードの機動兵器を参照

木星帝国

詳細は木星帝国の機動兵器を参照

長谷川裕一ひとりスーパーロボット大戦 大外伝 編集

詳細は長谷川裕一ひとりスーパーロボット大戦 大外伝を参照

同人誌として発表された作品で、自作品のクロスオーバーのみでスーパーロボット大戦風のストーリーを構築するという手法を用いている。

本作からはトビア、ベルナデット、ウモンらが登場しており、MAディビニダド、ノーティラス、そしてオリジナルの強化機体としてクロスボーン・ガンダムX1フルアーマーが登場している。

関連商品 編集

  • SDガンダム Gジェネレーション(ガンプラ)
    • No.59 クロスボーン・ガンダムX1(2001年4月発売)
    • No.63 クロスボーン・ガンダムX2(2002年1月発売)
  • GUNDAM FIX FIGURATION
    • #0016-a クロスボーン・ガンダムX1(2003年8月発売)
    • #0016-b クロスボーン・ガンダムX2(2003年8月発売)
    • #0021a ガンダムF91ハリソン機(2004年8月発売、ガンダムF90とのコンパチモデル)
    • #0031 クロスボーン・ガンダムX3(2006年8月発売、X1改・改及びフルクロスとのコンパチモデル)
  • MG(マスターグレード
    • XM-X1 クロスボーン・ガンダムX1 Ver.Ka(2006年9月発売)
    • F91 ガンダムF91 ハリソン・マディン大尉専用機(2006年11月発売)
    • XM-X1 クロスボーン・ガンダムフルクロス(2007年1月発売)
  • ROBOT魂(SIDE MS)
    • XM-X1 クロスボーン・ガンダムX1(2009年6月発売)
    • XM-X2 クロスボーン・ガンダムX2改(2009年7月発売)
    • XM-X3 クロスボーン・ガンダムX3(2010年6月発売)

単行本 編集

本編(カドカワコミックスエース版)
本編(普及版)
コンビニコミック用に本編を上下巻にしたもの。長谷川のインタビューや、『ガンダムエース』の人物伝企画「データガンダム」でのベラ・ロナの回が収録。
本編(新装版)
外伝
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
背表紙の通しナンバーが間違っているものが存在(KCA2-14が正しいが、『スカルハート』と同じKCA2-12になっている)

ゲーム編集

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 本編のみ。外伝と鋼鉄の7人には関わっていない。
  2. 一部のゲーム作品においてはニュータイプ扱いとなっている。また、原作でもニュータイプ特有の描写が多々ある。
  3. 何をやらせても才能は高く、料理の腕前もかなりのもの。彼の料理を食べたトビアは『ミスター味っ子』の村田源二郎のようなリアクションをとっていた。
  4. 映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』で、ピーター・セラーズが演じるストレンジラヴ博士が興奮するとナチス式敬礼をしそうになって無理矢理押さえつける、というのが元ネタ
  5. このMは本来搭乗する予定であったミノルの頭文字であった。急遽搭乗者が変更になったが、ドレックのファーストネームがミッチェルであったため、そのまま使用する事となった。

関連項目 編集

テンプレート:富野由悠季en:Mobile Suit Crossbone Gundam zh:機動戰士海盜GUNDAM

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。