Fandom


水陸両用モビルスーツ(すいりくりょうようモビルスーツ、 AMPHIBIOUS MOBILE SUIT)は、アニメ機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」に登場する、架空の兵器の分類の一つ、モビルスーツ (MS) のうち、水中・陸上共に運用可能な物を指す。

『機動戦士ガンダム』(宇宙世紀)シリーズ 編集

機動戦士ガンダム』等の宇宙世紀において、ジオン公国軍一年戦争における地球侵攻作戦の途上、広大な水域も支配する必要性に駆られた。そこでザクIIを改良して水域支配にあてようとし、MS-06M 水中用ザクが開発された。ある程度の成果は見せたものの、期待されたほどの性能を引き出すことができなかったため、新規に水陸両用モビルスーツの開発を決定、新たにMSMという型式番号が割り振られ、水中用ザクにはMSM-01の型式番号が与えられた。

水陸両用MSは一般の(宇宙空間や陸上での利用を想定した)MSとは異なった外見を持つ場合が多い。水圧に耐え水の抵抗を低減するために全身が丸みを帯びて機種によっては頭部と胴部が一体化したものもあり、上腕部や大腿部はしばしばジャバラ状の伸縮可能な構造(「フレキシブル・ベロウズ・リム」と呼ばれる)になっている。水中ではビームライフルなどの武器を携帯できないため、腕部や胴部にメガ粒子砲などのビーム兵器を内蔵している。水陸両用モビルスーツは、外部より取り込んだ水を冷却に用いることが出来ることからより高出力のジェネレーターの搭載が可能になり、特にゴッグはこれを利用してジオン初のビーム兵器搭載MSとなっている。また人間の手同様の五指を備えたマニピュレーターの代わりに鋭い爪を備えた機種も多い。これは主任務の船舶の破壊や格闘戦の際の打突・斬撃武器として用いられるほか、水中では姿勢制御を目的としたフィンの代わりに用いられる場合がある。

これらの水陸両用MSは、地球連邦軍から鹵獲した各種艦船・潜水艦などと連携して運用され、各地での船舶襲撃による補給の寸断や上陸作戦において大きな戦果をあげた。しかし一年戦争終結後は、サブフライトシステムの普及や、MS自体の能力向上により汎用型のMSでもある程度水中に耐えられるようになったこと等から、水陸両用MSもほとんど開発・運用されなくなってしまっている。

なお俗に「アッグシリーズ」と呼ばれるアッグアッグガイジュアッグゾゴックは水陸両用MSをベースに開発されたため、水陸両用MSに分類されることが多い。しかし、ジャブロー攻略に特化して開発されたため、必ずしも水中での運用を前提としておらず、厳密にはこのカテゴリーには属さない。

第一次ネオ・ジオン抗争時に、アクシズにより水陸両用MSカプールが開発され、かなりの性能をみせたが、ザンスカール戦争におけるガルグイユを最後に、水陸両用MSは確認されていない。ガイアの光事件におけるグッピーは水中専用MSである。

機動武闘伝Gガンダム 編集

水陸両用のモビルファイター

新機動戦記ガンダムW 編集

OZ-08MMS キャンサーは水中専用である。

機動新世紀ガンダムX 編集

機動新世紀ガンダムX』のアフターウォー世界にも旧連邦軍が開発した水陸両用MSが登場する。シーバルチャーによって、海中に沈んだ旧連邦軍・宇宙革命軍双方のMSなどの機器を回収するために用いられ、又、シーバルチャーの戦力でもあった。

∀ガンダム 編集

イングレッサ領にて、宇宙世紀に使われていたカプールに酷似している「カプル」が大量に発掘されている。当初は陸戦に使われていたが、後に水中戦が得意であることが発覚する。

機動戦士ガンダムSEED 編集

コズミック・イラ作品において、『機動戦士ガンダムSEED』では、ザフト軍はグーンゾノなど水中用MSを開発している。コズミック・イラにおけるビームは水中で拡散してしまう特性があり、ビーム兵器に代わり音波兵器であるフォノンメーザー砲を装備している。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』におけるC.E.73年においても水中用MSは海戦戦力として運用されており、アッシュが開発されている。

ガンダムSEED MSV』において、地球連合軍はフォビドゥンに採用されたエネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」を耐圧用途に転用したフォビドゥンブルーを開発し、量産化している。これらの先端技術の採用により地球連合軍の水中用MSの潜水深度及び潜水可能時間はザフト軍の水中用MSを凌駕している。

機動戦士ガンダム00編集

機動戦士ガンダム00』において、水中における機動兵器は大型水中専用MAを主戦力としており、上陸作戦においてもホバークラフト装備型などの潜水能力を有さない機体で行われるため、水陸両用機の開発は殆ど行われていなかったとみられる。 例外は連邦軍(アロウズ)が開発したスペルビア ジンクスであるが、将校やライセンサー専用の機体であるため、少数生産に留まっている。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。