Fandom


SDガンダムジェネレーション』(エスディーガンダムジェネレーション)は、1996年の3ヶ月間、バンダイ(現バンダイナムコゲームス)より発売されたバンダイスーパーファミコン用の周辺機器スーファミターボ用のウォー・シミュレーションゲーム。タイトルから示す通りに、『SDガンダム GGENERATION』シリーズのルーツであり、システムはGジェネシリーズに引き継がれた。開発元はトムクリエイトであり、後のGジェネシリーズの開発を手掛けている。価格はいずれも3980円だった。

後のGジェネシリーズとは違って、1ゲームソフト毎に題材をしたガンダムシリーズが決まっているが、スーファミターボの差し込み口が左右2つあり、育てたパイロットとユニットを対戦モードで使えば作品の枠を超えて夢の対戦が出来る。

発売されたSDガンダムジェネレーションシリーズ 編集

1996年7月26日発売。

1996年8月23日発売。

1996年9月27日発売。

新機動戦記ガンダムW』をベースに再現をした、『SDガンダムジェネレーション アフターコロニー戦記』は企画のみで発売はされなかった。

関連項目 編集

SDガンダム GGENERATIONシリーズ

テンプレート:Video-game-stub
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。